『成功はPQで決まる』

UPDATE 2022.02.14
公開日 2022.02.10

今、ビジネスに必要なのは自己表現力「PQ」(Performance Quotient)だ

『成功はPQで決まる』書影

佐藤綾子のパフォーマンス心理学の集大成! 「第3の知性」PQとは何か?

 「人は第一印象で決まる」。それを学問として体系化したのがパフォーマンス心理学だ。パフォーマンス心理学は、「自己表現の科学」である。日本における同学問の第一人者として、多くの人に自己表現の技術指導を行ってきた佐藤綾子の、42年の実験・研究・教育・研修成果が、このたび世界初の自己表現力測定尺度として誕生した。それが自己表現力指数「PQ」(Performance Quotient)だ。
 どんなに知的な力、つまりIQが高くても、さらにその上に、自分や相手の感情をよく理解するEQが高くても、その2つを適切に表現する自己表現力「PQ」が無ければ、真意は的確に伝わらない。2つの力も「宝の持ち腐れ」になってしまう。
 PQは、IQとEQ以上に重要な「第3の知性」であり、人間の対人能力の統合形かつ最終形である。

PQは測定し、育て、無限に伸ばすことができる

 PQは、「AS自己表現力診断テスト® (PQテスト®)」で測定し、次の16の能力を測ることができる。
【自己表現の4つの基礎力】……言語力、表情力、動作力、声(周辺言語力)
【自己表現の12の応用力】……印象力、コミュニケーション力、スピーチ力、プレゼン力、リーダーシップ力、傾聴力、アサーション力(自己肯定・他者肯定力)、ストレス対処力、レジリエンス(再起力)、楽観力、フロー力、NLP力(神経言語プログラミング力)

 そして、これとは違う次元の能力として、今の時代に不可欠な「オンライン力」がある。本書は、これらの能力を読者が科学的に知り、育てていくことを目的としている。

自己表現力PQを向上させて、ビジネスの成功と人生の幸せをつかもう

 本書でPQを理解し、会話・プレゼン・スピーチ・オンラインなどあらゆるコミュニケーションの場面で活かせるトレーニングに取り組むことで、自己表現力を向上させ、ビジネスの成功と人生の幸せを確実に手に入れよう。

【目次】
 プロローグ PQへの旅 ― PQとは何か
 第1章 IQとEQだけでは人生の成功はつかめない ―人間の能力の総仕上げは自己表現力「PQ」である
 第2章 誰もがパフォーマー ―パフォーマンス心理学の基本構造
 第3章 ステップ1 自己発見 ―欲求や願望がぶれない人は強い
 第4章 ステップ2 自己強化 ―「大善」のフィルターを通す
 第5章 ステップ3 自己表現【言語】 ―思いを伝える言語11キー
 第6章 ステップ3 自己表現【非言語】 ―言葉より強い非言語12 キー
 第7章 PQを正確に知って成功につなげる ―自己発見から他者強化と成功への道
 第8章 今すぐできる自己表現力トレーニング ―生涯使える最大自己資産「自分を伝える力」をつくる

「プロローグ」紙面

「プロローグ」紙面

「目次」紙面

「書店店頭用POP」画像

▲書店店頭用POP画像

【著者プロフィール】
 佐藤綾子(さとうあやこ)
 長野県生まれ。信州大学教育学部卒。ニューヨーク大学大学院パフォーマンス研究科卒(MA)。上智大学大学院英米文学研究科卒(MA)、同博士課程修了。立正大学大学院心理学専攻、博士(パフォーマンス学・心理学)。日本大学藝術学部教授を経て、ハリウッド大学院大学教授、(社)パフォーマンス教育協会理事長、(株) 国際パフォーマンス研究所 代表。
 自己表現力養成セミナー「佐藤綾子のパフォーマンス学講座」主宰。パフォーマンス心理学の第一人者として、累計4万人のビジネスリーダーとエグゼクティブ、首相経験者を含む56名の国会議員等のスピーチ指導を行っている。
 著書に『自分をどう表現するか』(講談社現代新書)、『一流のリーダーがやっている部下のやる気に火をつける33の方法』(日経BP)、『できる大人の「見た目」と「話し方」』『トップリーダーに学ぶ人を惹きつける「自分の見せ方」』(2冊ともディスカヴァー・トゥエンティワン) など。単著単行本は本著含め196冊。著作累計324万部。(2022年現在)

商品の紹介

『成功はPQで決まる』書影

■書名:『成功はPQで決まる』
■著:佐藤綾子
■発行:学研プラス
■発売日:2022年2月10日
■定価:1,980円(税込)

本書を購入する(Amazon)
本書を購入する(楽天ブックス)
本書を購入する(ショップ学研+)

【電子版】

本書を購入する(Kindle)
本書を購入する(楽天kobo)