還暦YouTuberの主婦が楽しむ、温かくてハッピーなセカンドライフ。

『60歳を過ぎてから見つける ちいさな暮らしの幸せのヒント』

UPDATE 2021.11.05
公開日 2021.11.01

人気シニアYouTuber、初めての著書!

『60歳を過ぎてから見つける ちいさな暮らしの幸せのヒント』書影

“丁寧な暮らし方”が、毎日を輝かせます。

高まる、「自分らしいシニアライフ」へのニーズ。

 還暦を過ぎ、定年退職や家族の転出などで生活環境に大きな変化が生じると、それまで仕事や家事、育児に忙しく追われていた人は、急に自分の時間が増えたと感じることも多いでしょう。久しぶりの自由をしばらくは謳歌するものの、先の人生の後半戦をどのように過ごしていってよいか、ふと考えてしまう方もおられることと思います。
 そんな皆様にご共感いただける、シニアライフをより楽しむための書籍が発刊されます。

「幸せを感じるヒントは、あなたのすぐそばにも」画像

幸せを感じるヒントは、あなたのすぐそばにも。

丁寧に暮らすことで気づける幸せ。

 目標に向かって邁進したり、困難に立ち向かったりすることで得られる達成感は、人生の大きな喜びです。ただ私たちが感じる幸せは、必ずしも何かのゴールやその過程だけにあるものではなく、何気ない日常のそこここにも散りばめられています。日々の暮らしに寄り添うような、こうした人生の幸福感。セカンドライフでこそ過ごせる満ち足りた時間の中で、拾い集めていきたいものです。
 本書は、そんな幸せのヒントを教えてくれる書籍です。著者は、還暦を過ぎて始めたチャンネルが大人気となったシニアYouTuber。毎日の家事や部屋の片づけ、趣味の時間など、日々の暮らしのひとコマを披露したコンテンツが、多くの方々に支持されています。
 人気の秘密は、その丁寧な暮らしぶり。冷凍したパンを蒸し器で温めたり、剪定した草花を生けたミニポットを部屋に配したり、今日の“良かったこと”を帳面に記してみたり…お金を使わなくても、毎日を豊かな気持ちで過ごすための工夫は、無限にあることを教えてくれる、著者の人柄もあふれる素敵なコンテンツです。
 今回それらの内容を誌面にまとめあげ、それぞれをさらに深掘りし、著者の思いを写真とともに紹介した書籍にしました。
 子どもも手を離れ、家族も定年を迎えるなどすると、自由な時間は増えますが目標や張り合いといったものが見えにくくなり、ともすると毎日を無為に過ごしてしまいがち。そんな世代の方々にぜひ読んでいただきたい一冊です。

「自分で焼いたケーキを切り分ける」紙面

自分で焼いたケーキを切り分ける、宝物のような時間。

【著者紹介】
著者 ポッコマ(pokkoma)
 人気YouTubeコンテンツ「pokkoma life(ポッコマライフ)」開設・運営者、主婦。60歳を過ぎてからYouTubeを始め、炊事、掃除といった何げない日常を投稿。130万回再生を超す動画をはじめ、癒しや暮らしの知恵を得られるコンテンツが人気を博している。

商品の紹介

『60歳を過ぎてから見つける ちいさな暮らしの幸せのヒント』書影

■書名:『60歳を過ぎてから見つける ちいさな暮らしの幸せのヒント』
■著者:ポッコマ(pokkoma)
■発行:学研プラス
■発売日:2021年12月23日
■定価:1,580円(税込)

本書を購入する(Amazon)
本書を購入する(楽天ブックス)