おうち時間を過ごすことが多くなり、以前にも増して「毎日の料理が負担!」「夕食のメニューを考えるのが苦痛…」といった声が聞かれます。そんな悩みを解決してくれるのが「おうちで簡単ミールキット」です。

 仕事や子育てに追われていると、どうしても食事の準備にまで手がまわらなくなってしまいがち。忙しいときは市販品に頼るのもよいですが、毎日となると、栄養バランスが気になったり、出費がかさんでしまったりすることも…。手間を省いても、しっかり味が決まって、しかも、あれこれ考えなくても栄養バランスがとれる献立にするには…?
 管理栄養士、料理家として活躍しながら、2人のお子さんを育てる著者の柴田真希さんが試行錯誤の末にたどりついたのが、この本で紹介しているレシピの数々です。

『切るだけ&漬けるだけ! おうちで簡単ミールキット』書影

▲『切るだけ&漬けるだけ! おうちで簡単ミールキット』表紙

肉や魚介は下味をつけるだけ、野菜はついでに切っておくだけ

 柴田さんが提案する「簡単ミールキット」は、肉や魚介に下味をつけるだけ、ついでに野菜を切っておくだけでOK。時間のあるときに用意しておけば、毎日の食事の際は、キットの中身を合わせて加熱調理するだけであっという間に一品完成します。
 基本の下味は「塩味」「しょうゆ味」「みそ味」の3種類。鶏肉、豚肉、牛肉、魚介…、どんな食材でも同じ配合の下味をつけて保存袋に入れておくだけでよいので、作りおきや冷凍保存より簡単で、誰でもムリなく続けられます。もちろん、すぐに使わないときは下味冷凍も可能で、1か月程度保存できます。

「簡単ミールキットでラクチンごはん」紙面

▲肉や魚介を買ってきたら、とにかく何も考えず、その日の気分で下味をつけてしまいましょう! 切っておいた野菜と合わせれば、しっかり味でボリューム満点のおかずが完成します

黄金比の下味だから、間違いなくおいしい!

 この本で紹介する「肉・魚介キット」の下味は、どれも人間の体内の塩分量とほぼ同じ濃さに設定されています。これは、科学的根拠にもとづいていて、誰もがおいしいと感じる味つけの基本。好みの野菜と合わせて加熱調理するだけで、失敗することなくバッチリ味が決まります。

「下味をつけるとおいしくなるのはなぜ」紙面

▲超簡単なのにおいしく仕上がるヒミツは、下味の塩分濃度。これさえ守れば、誰でも料理上手になれます

和洋中アレンジも自由自在!

 基本の下味にスパイスや香味野菜をプラスすれば、和・洋・中・エスニックとアレンジは無限大! たとえば同じ「みそ味」のキットでも、マスタードをプラスすれば洋風、にんにくや豆板醤をプラスすれば中華風と、毎日飽きずに楽しめます。

「塩・しょうゆ・みそ」の3パターンでアレンジ 紙面

▲たった3種類の調味料の配合を覚えれば、バリエーションは無限大! どんどん料理のレパートリーが増えるので、毎日の食事づくりが楽しくなります

まずは1か月。本のとおりマネすれば、もう献立に悩まない!

 献立例では、調理のタイムテーブルも紹介しているので、本のとおりマネするだけで、忙しい日の夕食も段取りよく準備できるように。最短15分で、おいしくて栄養バランス満点の献立が完成します!

「肉じゃが献立」

▲「簡単ミールキット」を使って作る献立31日分を紹介。まずは1か月、本のとおりマネすれば、もう毎日の料理に悩むことはありません!

【著者プロフィール】
 柴田 真希(しばた・まき)
 管理栄養士、料理家。株式会社エミッシュ代表取締役。女子栄養大学短期大学部卒業後、給食管理、栄養カウンセリング、食品の企画・開発・営業などの業務に携わったのち、独立。雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在は、テレビ出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピやコラムを掲載するほか、食品メーカーや飲食店のメニュー開発などを手がける。『知識ゼロからのスーパーフード入門』(幻冬舎)、『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)など著書多数。

商品の紹介

『切るだけ&漬けるだけ! おうちで簡単ミールキット』書影

■書名:『切るだけ&漬けるだけ! おうちで簡単ミールキット』
■柴田真希 著
■発行:学研プラス
■発売日:2020年11月12日
■定価:本体1,300円+税

本書を購入する