ありがとう・ぁみ原作。今年の怪談界を盛り上げた『レイワ怪談』のシリーズ最新刊発売!

『レイワ怪談 十六夜の章』

UPDATE 2020.11.19
公開日 2020.10.28

『レイワ怪談 十六夜の章』書影

2020の怪談界を盛り上げる「事故物件」と「レイワ怪談」

 2020年は、怪談界が大きな盛り上がりを見せた一年です。
映画では『事故物件 恐い間取り』(主演:亀梨和也、監督:中田秀夫)が、10月11日までの累計興行収入で22億円を突破する大ヒットを記録中(興行通信社調べ)。同作は「事故物件住みます芸人」として活動する松原タニシの著書を映画化したもので、「事故物件」は今年の怪談ブームを象徴するワードとなりました。

 一方、出版界で怪談ブームを盛り上げているのが『レイワ怪談』シリーズです。
『レイワ怪談』は、怪談家として活動する芸人「ありがとう・ぁみ」が原作をつとめる児童向けホラー短編集で、現在まで『レイワ怪談 新月の章』『レイワ怪談 半月の章』『レイワ怪談 三日月の章』の3作品が発売されています。3作とも好調な売れ行きを見せており、2020年8月28日付けの「楽天ブックスランキング(児童書部門)」では、シリーズ3作が1~3位を独占するという快挙を達成。テレビでも紹介され、大きな反響を呼びました。

 そしてこの度、ファン待望、シリーズ最新刊『レイワ怪談 十六夜の章』が11月19日(木)に発売されました

最新刊『レイワ怪談 十六夜の章』の内容は…

「入浴中、天井に男の霊が正座していた」紙面

 注目の最新刊には、今年の怪談界を象徴する「事故物件」や「禁足地」をテーマとした短編が収録されました。またレイワ(令和)怪談らしく、アプリやSNSなど現代のテクノロジーに宿る心霊現象も取り上げられています。

●スマホの地図から消えた海岸。
●中古車のカーナビに映った謎の女。
●死者からのラインメッセージ。
●交通事故が多発する交差点に正座する男。

 などなど、原作者のありがとう・ぁみが、今作も綿密な取材をもとに「令和」の「心霊現象」を多数(全23話)書き記しました。
 表紙絵は引き続き、人気イラストレーターの篠月しのぶが担当し「レイワ怪談」のミステリアスな世界観を美しく表現しています。
 シリーズ最高傑作。5分で読めて一晩中怖い、怪奇と恐怖の怪談短編集です!

「学校の大鏡に映った謎の女子」紙面

▲学校の大鏡に映った謎の女子

「死者からのラインメッセージ」紙面

▲死者からのラインメッセージ

原作者

ありがとう・ぁみ


怪談家。怪談最恐位「怪凰」。
○1982年9月29日生まれ。山口県宇部市出身。怪談家、MC、作家のほか、脚本、演出、YouTubeなどで幅広く活躍中。
○日本最大級の怪談エンタメLIVE「ありがとうぁみの渋谷怪談夜会」を渋谷O-EASTにて主宰し、毎回ソールドアウトとなる人気。
○「第二の稲川淳二」との呼び声も高く、数々の番組や大会で優勝やMVPに輝く。2018年に行われた「稲川淳二の怪談冬フェス」怪談最恐戦でも、数多の実力者を押さえて見事優勝し、怪談最恐位「怪凰」の称号を獲得した。
○YouTube怪談チャンネル「怪談ぁみ語」は2020年11月現在で登録者数11.2万人を超えている。

 

商品の紹介

『レイワ怪談 十六夜の章』書影
■書名:『レイワ怪談 十六夜の章』
■原作:ありがとう・ぁみ
■表紙絵:篠月しのぶ
■発行:学研プラス
■発売日:2020年11月19日
■定価:本体1,000円+税

Amazonで購入する

楽天で購入する

ショップ学研+で購入する