最強の山城本がついに登場!

 年間100近い城の調査研究に携わり、城郭研究のまさに最前線に立つ2人が、山城の楽しみ方がわかり面白さにはまる22城を厳選して詳細解説。

城好きとして有名な春風亭昇太師匠が、”城友“として全幅の信頼を寄せる著者たち。

いま、山城が熱い!

 平成の城ブームは令和に入ってもとどまるところを知らず、100名城や続100名城をめぐるスタンプラリーに参加する人はますます増えている。さらに、令和の改元を機に城の御朱印ともいえる「御城印(ごじょういん)」を発行する城が続出し、御城印集めが注目を集めている。
そんな城人気が、ついに大本命の「山城」にまで到達しつつある。

日本の城の99%がじつは山城!

 山城とは、「天嶮(険しい地形)を利用して、独立した山頂部などを中心に曲輪(くるわ)群を設けた城」(『よくわかる日本の城 日本城郭検定公式参考書』より)で、中世から戦国期に多く築かれた城のこと。全国に3~4万あるといわれている城の中で、一般的にイメージされる天守が残っている城は100にも満たない。日本の城の約99%が、じつは山城なのだ。

 山城好きとして知られる春風亭昇太師匠の言葉通り、まさに「山城を知れば、日本の城が解る!」といえる。城を取り上げた人気のTV番組においても、本書の巻頭で取り上げている高取城(奈良県高市郡)が、数多の名城を抑えて“最強の城”として選ばれている。

 ただし、山城にはほとんど建物が残っておらず、見どころは土塁や堀、石垣がメインとなる。なので、山城の見方や楽しみ方がわかるには、最初はガイドが必要になる。

最強の2人が選んだ22城

 そんな山城の世界を案内してくれるのが、日本城郭協会の理事である加藤理文(かとうまさふみ)先生と、同じく日本城郭協会の顧問を務める中井均(なかいひとし)先生。年間100近い城を訪れ調査研究に携わる、城郭研究の最前線に立つスペシャリストだ。城漫談ともいえる面白くてわかりやすい話にファンも多く、全国の城イベントへの登壇も多いので、城好きの方にはいまさら説明の必要はないだろう。

 そんなプロ中のプロである2人が、全国に3~4万あるといわれる城の中から22城を厳選して紹介しているのが本書である。

100名城からほぼ無名の城まで

 取り上げた22城は、バラエティーに富んでいる。日本100名城にも選ばれている織田信長ゆかりの「岐阜城」(岐阜県岐阜市)から、2020年大河ドラマ主人公・明智光秀が築城した「周山城」(京都府京都市)、全国屈指の縄張を誇る「丸子城」(静岡県掛川市)、存在すらあまり知られていない虚空蔵山城(長野県松本市)まで、山城初心者はもとより山城好きにも大変興味深いランナップになっている。

その存在自体があまり知られてこなかった長野県松本市の巨大山城「虚空蔵山城」。

その見事な縄張は、武田か徳川かで議論が分かれる掛川市の「丸子城」。

明智光秀が築城した京都市にある「周山城」。詳細な解説によって、土や石が「土塁」や「石垣」に見えてくるから不思議だ。

赤色立体地図など最新情報も

 城の設計プランである「縄張」は、山城を楽しむ上で、もっとも重要な要素ともいえる。本書では、縄張を理解する図版として、著者が描き起こした「縄張図」のほかに「赤色(せきしょく)立体地図」なども掲載している。航空レーザー計測によって樹木に覆われた地形もくっきりと浮かび上がる赤色立体地図には、曲輪や畝状竪堀(うねじょうたてぼり)群までしっかり映し出されていて驚くこと必至。もちろん赤色立体地図や発掘調査から推測できることなど、城郭研究の最前線に立つ著者たちならではの最新情報も満載。

 木々の葉が落ち、下草が枯れて遺構が見やすくなるこれからが、山城のベストシーズン。この秋、あなたも山城デビューをしてみませんか?

最強の城にふさわしい奈良県高市郡の高取城の赤色立体地図。くっきり映った曲輪や堀切など、縄張がよくわかる。

商品の紹介


■書名:『戦国の山城を極める 厳選22城』
■著者:加藤理文/中井均 (共著)
■発行:学研プラス
■発売日:2019年9月12日
■定価:本体1,600円+税


本書を購入する

あわせて読みたい