古文と漢文からみた、新元号「令和」

 2019年5月1日、「平成」から「令和」に改元されます。4月1日に新元号発表時には、出典となった『万葉集』にも大きな注目が集まりました。そこで、学研プライムゼミでは、元号や『万葉集』に関する特別コラムを掲載。解説するのは古文・荻野文子先生と漢文・宮下典男先生です。チェックしておけば大学受験でも役に立つかも?
 高校生の皆さんはぜひ読んでみてください。

新元号は『万葉集』から生まれた! 荻野文子先生(学研プライムゼミ古文科講師)

●中国人と「令和」 宮下典男先生(学研プライムゼミ漢文科講師)

詳細ページはこちらから

講師の紹介

■荻野文子先生

 

『マドンナ古文』として人気を博し、大手予備校で締め切り講座を続出させてきたトップ講師。丁寧な講義は古文が苦手な受験生にもよくわかると評判。
 著書『マドンナ古文』シリーズは累計420万部超の大ベストセラー。
・荻野先生の詳細プロフィールはこちら↓↓
https://gpzemi.gakken.jp/prime/teacher/ogino/

 

■宮下典男先生

 正しく学べば短期間で高得点をねらえるのが漢文。暗記では対応できない入試漢文が増加中。
 漢文界の名物講師宮下先生が、基本から高得点の獲得まで鍛え上げてくれる。現大手予備校講師。
・宮下先生の詳細プロフィールはこちら↓↓
https://gpzemi.gakken.jp/prime/teacher/miyashita/

「学研プライムゼミ」とは?

 荻野文子先生と宮下典男先生の授業も受けられる「学研プライムゼミ」は、難関大学を目指す受験生のための映像授業です。

 実力講師陣によるオンライン授業、学習段階に合わせて自由に選べるカリキュラム、
 講師たちが自ら作った完全オリジナルのテキストで。
 自分の実力より上の難関大学を目指すキミに、ハイクラスの映像授業で、もっと上の結果を。
 講師たちと一緒に、学研と一緒に、プライムな春へと向かいましょう。

学研プライムゼミ公式サイト

会員登録(無料)はこちらから