▲表紙モデルは、NHKの朝ドラ「ひよっこ」にも出演し、女優やモデルなど多方面で活躍する小島藤子さん。

特別付録はCAPAオリジナル バッグインバッグ

 使いやすさを第一に、編集部がさまざまな検討を重ねて作った「バッグインバッグ」が今月号の付録です。幅250ミリ×高さ200ミリで、ドコにナニが入っているのか、すぐにわかるデザインにしました。手前にはスマートフォンやケーブルなどが入る小物入れが2つ、カードポケット3つ、CFカードポケット2つ、SDカードポケット3つ、そしてシークレットポケットとペンホルダー。背面にも大型ポケットがあり、8インチ前後のタブレット端末がすっぽりと収まります。

 

▲取っ手付きなので出し入れもスムーズ。散らかりがちなバッグの中がスマートに片付くスグレモノ!

カメラ・レンズ大特集 ニューモデル撮りまくり徹底チェック!!

 今月号の巻頭特集は、話題の新製品を大々的にピックアップし、ガッツリ撮ってわかった実力をレポートします。フルサイズミラーレスのキヤノンEOS RP、ニコンZ6、ソニーα7Ⅲのガチンコ大検証や、パナソニックLUMIX S1/S1Rの深堀りチェック、さらにオリンパスOM-D E-M1X、リコーGRⅢ、ニッコールZ 14~30ミリF4 Sなど最新のカメラ&レンズの情報もたっぷりお届けします。

▲新製品の実力はいかに!? CAPAの辛口ライター陣が検証します!!

春の山里で楽しむ“山野草”撮影 地表10センチの広角&マクロテクニック

 少しずつ春の足音が近づいてきたこの季節。見上げれば桜が咲き誇り写欲を掻き立てられますが、この時季は足元にも注目してみましょう。黄色やピンク、紫、白などの可愛らしい山野草の存在に気がつくはずです。山野草は花が小さめで背丈が低いので、撮影には広角レンズとマクロレンズが欠かせません。今回は風景カメラマンの深澤 武さんが、広角&マクロを生かした山野草の撮り方を解説します。

 

▲春の山野草を代表するフクジュソウ、カタクリ、ミズバショウの撮影術も公開。

 「平成プレイバック 報道編」では、平成の30年間に起きた災害、事件などを中心に、当時の現場を知るカメラマンの声を交えて写真で振り返ります。このほか、最新カメラとレンズを中心に紹介する「CP+2019会場レポート」、富士フイルムGFX 50R&ソニーFE400ミリF2.8 GM OSSの実写レポートなど、カメラ&写真を楽しむための記事が今月も満載です。

商品の紹介


■書名:「CAPA 2019年4月号」
■発行:学研プラス
■発売日:2019年3月20日
■特別価格:本体907円+税

本書を購入する