小学校の漢字学習が変わります。
 2018年度現在に1、2、3、4年生のお子様を持つ保護者の方へ最新の情報をお知らせします。
 本書は、新しい情報に対応した漢字辞典です。

▲『新レインボー漢字読み書き辞典 第6版』表紙写真。今回の新刊は「本を読むパンダと字を書くリス」。裏面もパンダとリスです。

2020年から、漢字学習はどう変わる?

 2020年度から小学校では、新学習指導要領に対応する新教科書で授業が行われます。
国語の授業では、学習する漢字が増えて、漢字を学習する学年が変わります。

 小学4年生の国語科では、都道府県名で使われる「茨 媛 岡 潟 岐 熊 香 佐 埼 崎 滋 鹿 縄 井 沖 栃 奈 梨 阪 阜」の20字が追加されます。

 また、小学校では各学年で習う漢字が決まっています。新学習指導要領では、1、2、3年生はこれまでと変わりませんが、4年生に都道府県の漢字を集めるなど、4、5、6年生で入れ替えが行われます。

 このように、漢字学習が大きく変わります。
※2018年度から2019年度までは移行期間なので、学校によっては新学習指導要領で指導します。

▲新学習指導要領の学年配当一覧。4年生から6年生まで、学習する漢字が変わります。

2018年度現在で、1、2、3、4年生は、新しい漢字辞典で学習したい!

 2020年度には、2年生は4年生に、3年生は5年生に、4年生は6年生になります。1年生も、2021年に4年生になれば、新しい学年配当で漢字を習うことになります。

 機会を逃してしまうと、ついつい古い情報の辞典を使いっぱなしになってしまいます。新しい情報が入った漢字辞典で学習してみてはいかがでしょうか。

漢字学習の強い味方! 学習習慣をつけるのにもぴったり!

 この辞典は、漢字を学年別にまとめて示しています。だから、学年ごとの漢字を順番に学習できる親切なつくりになっています。

 それぞれの漢字には「使い方」を複数掲載していて、その漢字を文章の中で実際にどのように使えばよいか一目瞭然。

 各漢字には、日付の記入欄を設けています。漢字学習の履歴と達成度合いが一目でわかります。そうすることで達成感が得られて、学習意欲につながります。

▲小学1年生の本文。1年生と2年生は、1ページに2漢字。漢字1字につき、イラストが1つ。大きく読みやすい。

▲小学4年生の本文。3年生から6年生までは、1ページに3漢字。ここでは、「媛」と「岡」が追加の漢字。

しく、美しく漢字が書ける辞典!

 漢字を覚えるのが苦手。漢字がじょうずに書けなくて困っている。この辞典は、そんなお悩みにもお応えします。

 漢字を覚えるには正しい筆順を覚えることが大切だと言われています。
 この辞典は、筆順を全コマで表示しているから、書く順番を迷うことなく練習ができて、漢字が正しく書けるようになります。

 漢字を正しく書けるようになったら、美しく書いてみたくなるものです。
 この辞典は、「書きコツ」コーナーを各漢字にのせています。
 字形の整え方などが赤い字で示されているから、漢字が美しく書けるようになります。
 さらに、悪字例も示して、どうしてバランスが悪くなるかも説明しました。自分の書いた字と向き合うことで、より美しく書く助けになります。

索引も充実しているので、漢字辞典の引き方学習もできます!

 漢字辞典の基本的な3つの索引、音訓索引・総画索引・部首索引もついているから、引き方学習ができます。小学4年生で習う「漢字辞典・漢和辞典の引き方」にスムーズに取り組むことができて、一石二鳥です。

▲「部首索引」。この辞典では、部首の中は学年ごとに示しています。部首の区切りに線を入れているから、探しやすい。

 本書を手に取った人が、漢字を学習したいな、毎日使いたいな、と思ってくれるように作りました。
 漢字をたくさん覚えて、正しく美しく書けるようになってくれることを願っています。

商品の紹介


■書名:『小学生の新レインボー 漢字読み書き辞典 第6版(オールカラー)』
■監修:矢澤真人
■発行:学研プラス
■発売日:2018年12月7日
■定価:本体1,400円+税

本書を購入する