のぞいて、めくって、さわって、考えて。子どもたちはみんな、しかけ絵本が大好きです。今回は、楽しさ満載のしかけ絵本から、おすすめの3冊を紹介します。

 

やさいさん (さく tupera tupera)

ユーモアたっぷりのしかけ絵本

  地面から葉っぱだけをのぞかせている野菜たち。これはいったいなんの野菜? しかけとびらを上にめくると、「ずっぽーん!」と野菜が姿をあらわします。にんじん、ごぼう、さつまいも、ときには野菜に化けたモグラちゃん。あてっこ遊びも楽しめますし、野菜の名前を覚えることもできます。

 多くの子どもの心をつかんで、いまではシリーズ累計100万部。ユーモラスな野菜たちの表情に、大人もおもわずニヤリとさせられます。

 シリーズには「やさいさん」のほかに、「くだものさん」「ぼうし とったら」「かぜビューン」の3冊があります。どちらもおすすめです。

ご購入はこちらから

 

ふわふわだあれ? (NEWぴよちゃんとあそぼ!シリーズ)

さわって遊ぶ新感覚のしかけ絵本

 ページに空けられた穴から、動物たちに触れているような手触りの布がさわれます。

 これはなんの動物? ページをめくると、ひよこのぴよちゃん、いぬさん、ひつじさんなど、かわいい動物たちが姿をあわらします。あてっこ遊びが楽しめますし、ふわふわの素材で作られた布にふれていると、それだけでやさしい気持ちになってきます。

 小さくて丈夫なので、お出かけにも重宝しますよ。

ご購入はこちらから

 

はっけんずかん どうぶつ 改訂版

絵本として楽しめる図鑑

 ページを開くと、ライオンやゴリラ、キリンにカバと、みんなの大好きな動物たちが見開きいっぱいにあらわれます。動物たちのイラストには、たくさんのしかけとびらが隠されています。

 しかけとびらをめくると、シマウマの子どもが生まれたり、ゾウが水浴びをしていたり。とびらごとにクイズのような問いかけがあるので、お子さんと会話をしながら楽しめます。

「はっけんずかん」には「どうぶつ」のほかにも「のりもの」「たべもの」「きょうりゅう」「むし」「うみ」などのテーマがあります。お子さんの興味に合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

見開きの絵のところどころに、隠しとびらが隠れています。それらをめくると、、、

違う絵があらわれたり、まめちしきが学べたりします。

ご購入はこちらから

 

しかけ絵本で驚きと感動を

 ひらく、つまむ、ひっぱる、めくる……しかけ絵本は、子どもの感性や知能を育むのに最適です。ページをめくったときの驚きと感動は、子どもたちの脳にとてもよい刺激となるでしょう。大切な成長期に、たくさんの驚きと感動を与えてあげたいものですね。