スピリチュアル+都市伝説という視点で世界を知る

「スピリチュアル都市伝説」と題した本書には、島田秀平さんだけが知っている“ミステリー秘話”が収録されている。ただの噂話ではなく、占いやスピリチュアル業界で囁かれる未来予想や、公には語りにくいので表向き噂として流布されているエピソードが満載。 

トランプ大統領は○○フェチ!? 安倍首相に対米外交の秘策をアドバイス!

 本書の中でも気になるのが、ドナルド・トランプ大統領に関する記述だ。島田さんによれば、ラッキーカラーと大衆を魅了する話術で見事に当選した昨年に引き続き、今年のトランプ大統領自身の運勢は強く伸びていくという。ただし、強すぎる運気が反転すると、破滅も招きやすいのだとか……。

 また、トランプ大統領の手相には「アブノーマル線」があり、常人とは異なる感性での政権運営が予想される。また、占いでは「匂いフェチ」という鑑定も出ているため、島田さんは、「対米外交の一手として、安倍首相はゴルフクラブでなく、日本のお香を贈るべき」と提言している。

フィギュアスケート金メダリストの運命数「33」とは?

 手相だけでなく、カバラ数秘術にも詳しい島田さんは、フィギュアスケートの金メダリストに、ある共通項を発見している。運命数は生年月日から算出するもので、その人が生まれながらに持っている運気や個性を示すものといわれているのだが、なんと、直近過去3回の冬季五輪の金メダリスト6人のうち5人の「運命数」が、カリスマの運命を意味する「33」だったのだ。先日の世界選手権で連覇を果たした羽生結弦さんをはじめ、荒川静香さんも「33」である。

 ということは、次の五輪での金メダリストも運命数「33」の選手が勝ち取る可能性が高いのだろうか? 代表選手の選考の行方が気になるところだ。

婚活するなら「握手」をしてから

 3万人以上の手相を見てきた島田秀平さんは、身近な開運法にも通じている。たとえば、手相の「結婚線」がかつて「根性線」と呼ばれていたことは有名な話。結婚に踏み切る、結婚生活を円満に維持する秘訣は「根性」にあるのだという。

 また、結婚相手を探す際のアドバイスとして、島田さんは「握手すること」を勧めている。なんと手相占いでは、「手がふわふわ、ふかふかしている人は金運がいい」といわれているそうだ。玉の輿を狙っているなら、相手の現在の年収や貯金額よりも、生涯を通じた金運を示す「手のふかふか具合」を握手で確かめておくといいだろう。

商品の紹介


■書名:『島田秀平のスピリチュアル都市伝説』
■著:島田秀平
■発行:学研プラス
■発売日:2017年4月28日
■定価:本体1200円+税

本書を購入する

 

あわせて読みたい