『切り花をすてきな色に染めよう! レインボーフラワーキット』

2015.05.01

 

「レインボーローズ」という名前がついた花をご存知でしょうか。

 花びらの色が赤、青、黄、緑…と1枚1枚色が異なる虹色のバラです。
 生花店などで販売されているのを見たことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 実は、1つの花の中で花びらの色が異なる花は、お家でもつくることができます。

 切り花の茎を縦にいくつかに割り、それぞれの茎を異なる色水に入れると、花が色水を吸い上げて、花びらを好きな色に染めることができます。
 ただ、色水の材料や作り方、セットの仕方など、準備するのは結構たいへん!

 そこで、簡単に花の色を染めてみたいという人に、切り花専用の染色剤がついた、
『切り花をすてきな色に染めよう! レインボーフラワーキット』
をご紹介します。

 組み立てた実験台に白い切り花をセットしておいておくだけで、簡単にレインボーフラワーがつくれます。
 ガイドブックに沿ってつくれば、夜にセットしておくと朝に完成します。
 花びらが染まっていく様子は、下記の動画よりご覧ください。

実際に、キットを使って作ったレインボーフラワーがこちら。

 染色剤は、赤・オレンジ・青の3色がついていて、バラはもちろん、カーネーションやガーベラなど自分の好きな花を染めることができます。

 メッセージカードが2枚ついているので、母の日や父の日はもちろん、お友だちの誕生日プレゼントとしても大活躍です!

 ガイドブックには、実験方法や植物のしくみ、自由研究のまとめ方が載っているので、レインボーフラワーを作りながらお子様のお勉強にも役立ちます。

 今年の母の日は、お子さまと楽しく植物のしくみを学びながら、レインボーフラワーをつくってみてはいかがでしょうか。

実験のヒントやまとめ方のポイントが掲載されていて、自由研究としても役立ちます。

あわせて読みたい