「問題集を30ページ進めた」「毎日15時間勉強している」といった、達成感を得るためだけの勉強をしていませんか? 成績を伸ばすには勉強した量や時間より、“学力・方向性・集中度”に気を配ることが重要です。

『慶應大→医大→東京大に合格できた勉強の仕組みがわかる 成果の方程式』書影

 慶應義塾大学、大阪医科大学、そして東京大学。
 これらの難関大学に合格した著者が実践していた勉強法を、誰でも取り入れられるように仕組み化したものが本書です。成果をあげるためには「学力・方向性・集中度」を高めることが重要であり、どのようにすれば高められるのか、その方法を説明しています。

「音声で概要を聴けることも本書の特長です」イメージ画像

 また、音声で概要を聴けることも本書の特長です。高校生の勉強本では初!?の、全内容の要約音声が無料で付いてきます。じっくり読む時間がない忙しい高校生でも、通学途中やスキマ時間などで音声を楽しむことができます。
 次のURLより、ぜひ試聴してみてください!
 https://podcasts.apple.com/jp/podcast/id1558233394

 以降で本書の詳細を紹介していきます。

その勉強、達成感を得るためにやっていませんか?

「1日15時間は勉強している」
「同じ問題集を3回も繰り返している」
 志望校合格に向けて努力しているはずなのに、成績が上がらず悩んでいる高校生は多いのではないでしょうか。そのような場合、勉強時間やページ数をこなすことで達成感を得るだけの勉強になっている恐れがあります。

 勉強は、取り組んだ時間が長ければ良いわけではありませんし、問題集をただ繰り返すだけでも、成果は上げられません。合格という成果を上げるための勉強をすることが必要です。
 そこで考えてほしいのが、成果の方程式です。これは志望校に最短の時間、最小の努力で合格するために必要なことを、次の式で表したものです。

「成果 = 学力 × 方向性 × 集中度」

 つまり、合格という成果を得るためには、学力・方向性・集中度を高めることが必要です。

「成果の方程式」紙面

学力・方向性・集中度の高め方

 では、どのようにしたらいいのでしょうか? それぞれ考えてみましょう。

▼「学力」について

 学力は理解度と記憶量に分けて考えられます。学習した内容をどれだけ理解しているか、そして、問題を解く上で必要な知識などの記憶量が十分か、2つの観点で学習をすることが大切です。どちらかが欠けてしまってはいけません。

▼「方向性」について

 がむしゃらに努力しても、合格に近づくとは限りません。志望校の出題の方向性に合った勉強をすることではじめて近づけます。
 例えば、英語で考えてみましょう。志望校が長文読解の問題を多く出す傾向にあるのに、英単語帳ばかりやっていては対応できなくなります。この場合は、長文読解の問題を中心に対策をすることが正しい方向性と言えます。

▼「集中度」について

 受験勉強でありがちなのが、達成感で満足してしまうことです。例えば、「3時間勉強しよう」と時間だけを決めて机に向かってはいませんか。何時間勉強したかではなく「内容を理解できるまで勉強し、合格に向けて近づけたかどうか」が合否を分けるからです。

 以上の学力・方向性・集中度を高める考え方を知れば、合格に近づく勉強ができるようになります。

「成果の方程式 目次」紙面

「成果の方程式 目次」紙面

Podcastで聴くことができる!

 また、本書は音声で聴くこともできます。掲載されているバーコードを読み込むことで各項目の要約を聴けるので、移動中などのスキマ時間でも内容を知ることができる、革新的な一冊です。音声は下記より試聴可能です。
 https://webgk.gakken.jp/eor/

 音声コンテンツは「clubhouse」の登場以来、注目度は上がり続けています。本を読んだ後に内容を復習するために聴くのもよし、先に音声で聴いて気になった箇所を本でくわしく調べるのもよし。音声と本を組み合わせれば、使い方が広がります。忙しい高校生にもぴったりです。

 受けている授業も同じ、使っている参考書も同じ。でも他の人より優秀な成績を修める友達、あなたの周りにもいませんか?
 その理由は、勉強量や地頭の差ではなく、「どうすれば成績が上がるか?」に焦点を当てて勉強しているからかもしれません。「成果の方程式」を理解した後で、このことに気づき、納得するでしょう。言い換えれば、あなたも成果の方程式さえ意識すれば、昨日までと同じ環境でも成績アップが可能です。
 みなさんも、本書で成果の方程式を身につけましょう。

商品の紹介

『慶應大→医大→東京大に合格できた勉強の仕組みがわかる 成果の方程式』書影

■書名:『慶應大→医大→東京大に合格できた勉強の仕組みがわかる 成果の方程式』
■著:萩原 湧人
■発行:学研プラス
■発売日:2021年3月18日
■定価:本体1,300円+税

本書を購入する