うさぎや桃、まり、ほおずきなど、伝統的なつるし飾りの細工物のつくり方を、丁寧に紹介

『かわいい つるし飾りとお細工もの』

公開日 2020.09.18
『かわいい つるし飾りとお細工もの』書影

『かわいい つるし飾りとお細工もの』書影

 好きなお細工ものをひとつ作るもよし、
 はぎれで仕立て、好みの組み合わせでつるしてもよし、
 モチーフに込められた願いの意味を味わいながら、
 自由に楽しみましょう。

 ひと針ひと針仕立てたお細工ものを、ひもで下げて飾る「つるし飾り」。そのはじまりは江戸時代といわれています。
 本書で紹介しているつるし飾りは、静岡県・稲取で江戸時代から作り続けられている、ひな祭りのためのつるし飾りです。さるっこやふうせん、きんちゃくなど、それぞれのお細工ものに幸せや無病息災の願いを込めて、作られてきました。その思いはつるす順にまで込められています。
 四角や丸のシンプルな形の布を縫い進め、綿を詰めると、最後に花やもも、ほうずきの姿が現れる…。昔から培われてきた手技に、縫うたびに感動があります。

掲載している細工物の例

 花、さるっこ、おくるみ、きんちゃく、うさぎ、ほうずき、もも、ひょうたん、とうがらし、なんてん、ぞうり、千代むすび、はと、白うさぎ、はいこ人形、ねずみ、七宝まり、みかんなど、26のお細工もの&つるし飾り

「初心者でも失敗せずきれいにつくるコツが満載」紙面

初心者でも失敗せずきれいにつくるコツが満載

「うさぎなど縁起物のモチーフ」画像

うさぎなど縁起物のモチーフ

「愛らしい作品がいっぱい」画像

愛らしい作品がいっぱい

「基本から丁寧に解説」紙面

基本から丁寧に解説

「つるす順も紹介」紙面

つるす順も紹介

写さずそのまま切り取れて手間いらず。くり返し使える、厚紙の原寸大型紙集つき

 本書には、トレーシングペーパーを使って写さなくても、そのまま切って使える型紙がついています。厚紙だから、何度も繰り返しつかえて便利。本から型紙集を外して使えます。

「実物大の型紙集」画像

型紙集は、本体から取り外しできます

「型紙は片面印刷の厚紙だから、そのまま切り取って使えます」画像

片面印刷の厚紙だから、そのまま切り取って使えます

※本書は、『はじめてでもかんたん 本格つるし飾り』(学研プラス刊)を改題のうえ、装丁を新たにした改訂版です。

商品の紹介

『かわいい つるし飾りとお細工もの』書影■書名:『かわいい つるし飾りとお細工もの』
■発行:学研プラス
■発売日:2020年9月17日
■定価:本体1,400円+税

本書を購入する