学研ムック『ワイド&パノラマ 日本の城 天守・櫓・門と御殿 鳥瞰・断面イラスト、CG、精密模型でよみがえる近世城郭』

2020.02.21

空前の城ブームで、さらに注目される織田信長の安土城。本能寺の変の半年前、信長が日本で初めて安土城で行ったこととは?

▲表紙は、創建当時の岡山城の天守復元イラスト(復元=三浦正幸 作画=野上隼夫)。宇喜多秀家が慶長2年(1597)頃に建てたもので、改修を受けながらも昭和20年の空襲で焼け落ちるまで残っていた。瓦の一枚、柱の一本までが精密に描き込まれている。

▲表紙は、創建当時の岡山城の天守復元イラスト(復元=三浦正幸 作画=野上隼夫)。宇喜多秀家が慶長2年(1597)頃に建てたもので、改修を受けながらも昭和20年の空襲で焼け落ちるまで残っていた。瓦の一枚、柱の一本までが精密に描き込まれている。

日本で初めて有料の城見学ツアーをした信長

 革新的で新しいものが好きなイメージの強い織田信長だが、城のシンボルともいえる「天守」が本格的に始まったのも、信長の安土城からといわれている。それまでの城にも高い建物はあったが、城内の最も高い場所に高い建物を築いて居住可能にし、「てんしゅ(天主)」と呼ばせたのは、信長の安土城が最初になる。しかも信長はこの安土城において、日本で初めて有料の城見学ツアーを行っていたのだ。

 本能寺の変から遡ること半年前、天正10年(1582)の元旦に、信長は新年の挨拶にきた家臣たちに城内の拝観を許している。そして最後に御礼銭を受け取ると、それを後ろへ投げたという記録が、信長の一代記である『信長公記(しんちょうこうき)』に記されている。

誌面画像

▲信長の安土城天主復元CG (復元=天守:中村泰朗、その他:三浦正幸 CG制作=浅野孝司)。平成元年からの学術調査および『信長公記』の内容を検討して作成されたもの。本書では、安土城は御殿を含む全景の鳥瞰復元CGも掲載。折込A3の大きさで、ノドに邪魔されず、細部までしっかり見ることができる。

いま残る江戸時代の天守はわずか12城!

 信長の安土城は、天守も含めて本能寺の変後に焼失し、現在は石垣などを残すのみとなっている。だが、江戸時代に建てられた天守でさえ、残っている城はわずか12しかない。「現存12天守」という言葉を聞いたことのある人も多いだろう。

 姫路城(兵庫県)、彦根城(滋賀県)、松本城(長野県)、犬山城(岐阜県)、松江城(島根県)の5城が国宝に、弘前城(青森県)、丸岡城(福井県)、備中松山城(岡山県)、丸亀城(香川県)、松山城(愛媛県)、宇和島城(愛媛県)、高知城(高知県)の7城が重要文化財に指定されている。いずれも大変貴重なものである。

天守のいろいろ

 では、「現存12天守」以外の今ある城の天守は、いつ建てられたものなのか? じつは時期も再建方法も様々だ。明治の廃城令後から昭和初期までは、観光の目玉として、位置や規模や外観などが史実とは異なる「模擬天守」が再建されていた。太平洋戦争で多くの城が焼失した後は、戦後復興のシンボルとして外観を復元した「復元天守」が再建された。そして平成に入って以降は、発掘調査と史料を元に木造で忠実に「復元天守」が建てられている。もちろん、どの天守も長く地元で愛されてきたことに変わりはないが、少し誤解を与えてしまっているものもある。

本丸跡に建っていた天守の姿を知りたい!

 当然、かつては天守が存在したが再建されていない城も多い。本丸跡とされる広場に、いったいどのような天守が建っていたのか、人々の興味は尽きない。それはいつの時代においても同じなようで、信長の安土城は江戸時代から復元の対象になっていて、推定案などの史料も残っている。

誌面画像

▲江戸後期の丹波亀山城復元イラスト(復元=三浦正幸 作画=黒澤達矢)。築城は天正7年(1579)頃、明智光秀によるが、史料が存在する天守は、慶長15年(1610)に藤堂高虎によって建てられた、イラストの五重五階のもののみ。

精密な復元イラストで、在りし日の姿がよみがえる!

 そんな人々の素朴な疑問に応えるのが、本書『ワイド&パノラマ 日本の城 天守・櫓・門と御殿』だ。信長の安土城のほかにも、豊臣・徳川両時代の大坂城や、寛永期の二条城や江戸城など17基の天守をはじめ、櫓・門・御殿の復元CG・イラストを、折込A3の大きなサイズで24城掲載している。いずれのCG・イラストも、学術調査と史料に基づいて時間をかけて復元された貴重なもので、在りし日の姿を楽しむことができる。

 各城の詳しい解説のほか、主要天守年表やマップなどの資料も充実。日本100名城も多く掲載されていて、100名城めぐりを楽しんでいる人には、ぜひ知ってほしい情報も満載。あなたの城めぐりをさらに充実させる一冊だ。

誌面画像

▲江戸後期の広島城の本丸復元イラスト(復元=三浦正幸 作画=野上隼夫)。本丸上段に御殿、下段に馬場があり、御殿の立派な様子がよくわかる。御殿の屋根の色が違うのは、もともと杮葺(こけらぶき)であったものが財政難によって瓦葺(かわらぶき)に改められ、その頃の様子を描いていることによる。

商品の紹介

書影

■書名:学研ムック『ワイド&パノラマ 日本の城 天守・櫓・門と御殿 鳥瞰・断面イラスト、CG、精密模型でよみがえる近世城郭』
■監修:三浦正幸
■発行:学研プラス
■発売日:2019年12月24日
■定価:本体1,800円+税

本書を購入する