『パリジェンヌはいくつになっても人生を楽しむ』発売記念サイン会

2020.02.12

芳進堂にて2月26日に開催! 「日本とフランスの架け橋」として活躍するドラ・トーザンさんに会えるチャンス!

『パリジェンヌはいくつになっても人生を楽しむ』の発売を記念し、2月26日水曜日、東京・飯田橋の芳進堂にてサイン会を開催いたします。

サイン会告知ポスター

サイン会イベント詳細

日時:2020年2月26日(水) 17:30~
場所:芳進堂(JR飯田橋駅徒歩1分 ラムラ飯田橋2F)
・当店で対象書籍をお買い上げいただいた方のみ、先着で整理券をお渡しいたします。
・電話予約も受け付けております。店頭スタッフまでお問合せください。
電話:03-3235-5111
※イベントの詳細につきましては、上記電話番号から直接お問い合わせください。

著者プロフィール

ドラ・トーザン(Dora Tauzin)
 エッセイスト・国際ジャーナリスト。フランス・パリ生まれの生粋のパリジェンヌ。
ソルボンヌ大学、パリ政治学院卒業。国連本部広報部に勤務ののち、NHKテレビ『フランス語会話』に出演。
 日本とフランスの架け橋として、新聞・雑誌への執筆、テレビ・ラジオのコメンテーター、講演会など多方面で活躍。
 著書に『好きなことだけで生きる』『フランス人は年をとるほど美しい』(以上、大和書房)などがある。2015 年、レジオン・ドヌール勲章を受章。
公式ホームページ https://www.doratauzin.net/
Facebook https://www.facebook.com/dora.tauzin.official/

 著者であるドラ・トーザン氏は、フランス、パリ生まれの生粋のパリジェンヌ。1992年から約5年間、NHKのフランス語講座に出演して以降、日本とフランスを行き来しながら、両国の文化や情報を発信してきました。新聞・雑誌への執筆、テレビ・ラジオのコメンテーター、ウェブメディアでの連載もあり著作も多数。日本でフランス語やフランス文化を教えながらも、最近ではラグビーワールドカップ2019の取材や地方自治体の女性市長との対談など、幅広く活躍しています。

 そんな著者が今提案したいのは「いくつになっても自分らしく、楽しく生きる」ための勇気とアイディア。

「もう年だから」なんて、自分にストップをかけるのはもったいないと思わない?

 フランス、日本を中心に、パピヨン(蝶)のように軽やかに生きる著者ならではの人生の楽しみかたとは何か? について、しっかり伝えていく注目の新刊です。

商品の紹介

書影
■書名:『パリジェンヌはいくつになっても人生を楽しむ』
■著:ドラ・トーザン(Dora Tauzin)
■発行:学研プラス
■発売日:2019年12月26日
■定価:本体1,400円+税

本書を購入する

あわせて読みたい