きむらゆういち&いけだあきこ、猫好き作家二人の最強タッグで生まれた物語、第二弾!!

 2018年の秋、ダヤン生誕35周年アニバーサリー企画として発刊された『なぞときダヤン バニラをすくえ!!』に続く第二弾となる本書、『なぞときダヤン おばけやしきのひみつ』。

 原作と文は『あらしのよるに』のきむらゆういち、絵はもちろん、ダヤンの生みの親・いけだあきこが描きます。

▲表紙からも、何やら怪しげな雰囲気が漂う

なぞときダヤンとは?

 ダヤンとジタンのねこねこコンビが、なぞを解いたり、迷路をくぐりぬけたり、ときには難解なパズルを解きながら進む、ワクワどきどきの詰まった、ストーリー仕立ての児童書です。

▲フキダシ会話も多く低学年でも読みやすいと好評!

本書のあらすじと見どころ

 ある日の朝早く、ダヤンの友達である女の子うさぎのマーシィが、ダヤンの家を訪れます。マーシィの弟のシームが行方不明という、物騒な事件が発生。急いで家を飛び出したダヤンとマーシィ。その途中で、ダヤンの親友のジタンと道でバッタリ出会います。

 3匹でシームを探しに、おばけやしきへ、いざ出発!

▲パズル、迷路、クイズ全15問を解きながら物語が進む

こんな読者におすすめ!

 15の謎を解きながら、楽しいストーリーでサクッと読める! あっと驚く展開も待ち受けています! 迷路にパズル、動物生態ネタなど、楽しさ満載! 読書が苦手な子、マンガが大好きな子も集中して読破できるシリーズです。朝読にも最適です!

 ラストに『ざんねんな いきもの事典』で知られる今泉忠明先生監修の、「ある動物」の生態解説もあります。

商品の紹介


■書名:『なぞときダヤン おばけやしきのひみつ』
■作:きむら ゆういち 
■絵:いけだ あきこ
■発行:学研プラス
■発売日:2019年11月14日
■定価:本体1,200円+税

本書を購入する

 

 

あわせて読みたい