“サリーロス”のチッチの日常と、友人たちとのふれあいを描いた、その後のチッチの物語

​ 昭和37年に連載開始し、半世紀以上にわたって愛され続けてきた『小さな恋のものがたり』。2014年発売の第43集で、主人公の高校生チッチ(小川チイコ)は、ボーイフレンドのサリー(村上聡)の突然のスウェーデン留学により、片思いにひとつの区切りをつけました。『ちい恋通信』は“その後のチッチ”を描いた、みつはしちかこの描き下ろしが楽しめる、年間購読の読み物です。

“50年もチッチを描き続けた私。いつの間にかチッチが、サリーが、トンコたち、松木さん、岸本さん、マユミたち、そしてミーコも、みんな私の心に棲みついていたのです。とりわけチッチが、私の心の扉をドンドン叩いてくるのです。「出して出して、描いて描いて」と。
 そうだ、サリーがいなくなってもチッチはその後を元気に生きている。そしてチッチは私一人の子ではなくて、長いことかかわり続けてくださった読者の子でもあった、ということに気づきました。”

(『小さな恋のものがたり 第44集 その後のチッチ』著者あとがきより)

 大病をした後、思うように手が動かず、絵も文字も思い通りに描けなくなった著者。くり返しチッチを描き、練習を重ねるうちに、チッチと友人たちがスケッチブックに戻ってきました。そうして始まった『ちい恋通信』。この冬発売の「ちい恋通信vol.10 2018冬」では、サリーを想いながら過ごすお正月やバレンタインを描きます。

CONTENTS ♪

 年の瀬の街角で、見かけたあの人は…
 “その後の”小さな恋のものがたり

 町田市民文学館「みつはしちかこ展」&第44集おたより特集
 みつはしちかこ 情報ひろば

 小川家のお正月風景、チッチの秘蔵デザートレシピ
 ちい恋玉手箱

 高校の文化祭で、劇作家デビュー
 ちかこの道ものがたり

 日記と俳句で冬の暮らしをつづる
 わたしの昨日・今日・明日

ちい恋通信とは ♪

 みつはしちかこの描き下ろし漫画を連載している、年間購読の読み物です。

【冊子概要】

●判型:B5判(182mm×257mm)
●ページ数:32ページ オールカラー
●発行間隔:季刊
●発売月:3月、6月、9月、12月(下旬発送予定)

【内容】

・4コママンガ「その後の小さな恋のものがたり」
 サリーと離ればなれになった後のチッチの日常を描きおろした4コママンガです。
・近況を綴ったエッセイ
・俳句・ポエム
・完全復刻! 1970年代〜1980年代のお宝マンガ
・チッチとサリーオリジナルグッズの通販
 ※内容は変更になる場合がございます。

【特典】

・お申し込みの方全員に、先生からのバレンタインカードが届きます。

【年間講読料について】

・4,800円(税・送料込)
価格(1冊あたり) 1,200円(税・送料込)×4回

【ご注文方法】

 ご注文はお電話、学研プラス販売サイト「ショップ学研+(ショップガッケンプラス)」で承っております。

商品の紹介


■書名:『ちい恋通信vol.10 2018冬』
■著:みつはしちかこ
■発行:学研プラス
■発売日:2018年12月20日
■年間講読料:4,800円(税・送料込)
■価格(1冊あたり) 1,200円(税・送料込)×4回

【本書のご購入について】

この冊子は書店では販売いたしません。
ご注文はお電話、学研プラス販売サイト「ショップ学研+(ショップガッケンプラス)」で承っております。
「学研通販受注センター」
フリーダイヤル(携帯電話可)☎0120-92-5555
受付時間:月~金 9:30-17:30(土日・祝日・年末年始を除く)
「ショップ学研+」 https://gakken-mall.jp/ec/plus/pro/disp/1/3200004593
※申込時に定期購読開始号が選べます

本書を購入する

あわせて読みたい