一人暮らしでも、「行ってきます!」宣言

佐藤伝『たった1分でできて、一生が変わる! 朝の習慣 PREMIUM』セレクション

UPDATE 2020.07.27
公開日 2016.04.26

 ビジネスは、朝で決まる! これは、間違いありません。
 さあ、会社に向かおう、仕事に取り掛かろうというタイミングで、いいスタートダッシュを切れば、ビジネスは必ずいい流れに乗ると断言できます。

 そのための朝の習慣は、じつは、「家を出るとき」から始まっています。
 一人暮らしで、たとえ自分のほかに誰もいなくても、「行ってきます!」と、元気よく言ってから出かけましょう。
 一番のポイントは、「大きな声」です。テンション低く「行ってきまぁす」でも、ため息まじりに「行ってきます……」でもダメ。
 ハキハキと大きな声で、「行ってきます!」と言い切ることが大切です。
「行ってきます!」のひと言で、「内」と「外」のメリハリがついて、一瞬でビジネスモードに切り替わります。さらには、これが声を出す予行演習となって、職場で人と会ったときに、元気に話しかけることもできます。
 黙々と支度をして、家を出て、会社に着くまでひと言も発しない……。これでは、みずから成功を棒に振っているようなものです。

「行ってきます」──改めて見ると不思議な言葉です。
 きわめてシンプルに、「行って」「くる」と宣言している。さながら戦いに出向く人が、「必ず大切な場所に帰ってきます」と約束している雰囲気すら感じます。そう思うと、なんだか気合が入る言葉にも見えてきませんか?
「~するぞ、オー!」「ワーッ」などと叫ぶのは気恥ずかしくて、できないものです。その点、「行ってきます!」なら、大声でも言いやすいのです。

 

佐藤 伝 (さとう でん)

【習慣の専門家】行動習慣マイスター 1958年生まれ。福島県出身。明治大学卒。
都心にて創造学習研究所を30年間にわたって主宰。
NHK テレビ「おはよう日本」や雑誌「日経ビジネス アソシエ」でも、習慣のエキスパートとして紹介される。
氏の一貫したテーマは「習慣」であり、「習慣」に関する著作は、国内外で累計100 万部を突破している。 上場企業や教育機関での「行動習慣」についての講演は、わかりやすく具体的で、すぐ実践できるとその即効性が大好評。 問題解決9マス・ノートは、海外のメディアにも取り上げられ、ウィーン講演に続き、ニューヨーク・ミラノでも講演依頼が入るなど、その活躍のステージを広げている。 「なんとなくイイ気分」で生きることが最も大事と、独自の理論を展開。 そのスピリットを世界に伝えるため、自宅で学べる「行動習慣ナビゲーター認定講座(Dream Navigator?)」をスタートさせ、超・人気講座となっている。 親しみやすく謙虚な人柄から、「習慣といえば、伝ちゃん先生」と幅広い年齢層に慕われている。 国際ナイン・マトリックス協会会長

■佐藤 伝・公式サイト

http://satohden.com
■行動習慣ナビゲーター認定講座・公式サイト

http://kodoshukan.jp
■ひとりビジネス応援塾
https://satohden.com/juku/

 

作品紹介

あわせて読みたい