センター対策は学研の「きめる!」シリーズで決まり!

『きめる!』シリーズ全15作

2014.08.19

発売以来、売れ行き絶好調の『きめる!シリーズ

 14年8月19日の「倫理」の発売をもって、シリーズ全15作が出揃いました。

 

 累計300万部の実績を誇る『きめる!』シリーズは、今回の改訂でパワーアップ! さらに多くの受験生をサポートします!

 きめるシリーズの主な特長は、以前のエントリーで解説しておりますので、そちらのエントリーをご覧ください。

 まだお買い求めいただいていない方のために、今回は、改訂後のきめるシリーズの最大の特長である、Webアプリについて、ご紹介します!!

 実際に英語を例にして、Webアプリをやってみましょう。(お手元に、きめる!シリーズがある方は是非ご一緒に!)

 

STEP 1

ハイブリッドコードを登録する

 表紙を開くと、上の写真のように、カードのようなものがあります。「OPEN」からピリピリと破くと、ハイブリッドコードが顔を出します。

 

 そしてGakken大学受験HBにアクセスしましょう。

 または

「Gakken大学受験HB」で検索すると出てきます。(スマホ・タブレット・PCに対応しています。)

 ハイブリッドコードと必要事項を入力し、お手持ちの教科を選んで、準備完了です!

(※注)ハイブリッドコード1つにつき、1教科の問題のみご利用可能です。また、教科選択後の教科変更はできませんので、ご注意ください。

 

STEP 2

解く

 

 英語の場合、センター試験の過去問題の中から、文法・語彙・語法の問題が出てきます。

 参考書にセンター試験の過去問題が付いてくるなんてオトクですね!

 

 では、自分の実力を出し惜しむことなく解いていきましょう。私は理系出身なので、久々の英語に対する一抹の不安を抱きながらも、選択肢②を選択します。

 ・・・合ってるかな?

 

 正解でした! マリリン・モンローさんも思わず笑顔ですね! ありがとうございます!

 

 その後、この問題の「理解度」を自分で選択します。[完璧][不安]の2択です。回答前に明らかに迷っていた自分がいたので、正直に不安を選択します。(理解度を正直に選択するメリットは、次のSTEP3で!)

 

 同様に、どんどん回答を進めていきます。

 

 解き終わると、このように理解度が色分けされて表示されます。

 ここで、「ふ~、やれやれ」と、解いて終わりにしないのがポイントです!

 

STEP 3

復習する

 

 一度解いた問題は、復習しないと定着しませんよね。苦手な問題を繰り返せば、学習効果も上がります!

 

 解答後に[完璧][不安]を選択してきたことが、復習する時に効いてきます!選択してきたことで得意苦手の問題の仕分けが完了しているのです!

 

 復習パターンも豊富! 効率重視で「間違えた問題」を解くのも良し、ストイックに「完璧以外の問題」を解くのも良し。何度も繰り返し解いて、ニガテをなくし、センター試験に向けて万全の準備をしましょう!

————————–

 いかがでしたか? 以下のボタンのリンク先で、アプリの無料体験ができます。

 ぜひ、体験してみてくださいね!

 

 参考書・別冊・アプリを組み合わせた効果的な学習で

 センター試験に対応できる力をつけましょう!

(編集部/T.H)

あわせて読みたい