愛され続けて40数年。親子3代に親しまれてきた、『新レインボー漢字読み書き辞典 第5版』が発売されました!!!

『新レインボー漢字読み書き辞典 第5版』

2012.12.04

 長きにわたりご愛顧を賜って参りました
『新レインボー漢字読み書き辞典』

 版を重ねること、第5版までやって参りました。
 読者の皆様、制作に携わってくれた方々、
 本当にありがとうございました!!

 

『新レインボー漢字読み書き辞典 第5版』 矢澤真人監修

 

ちなみに、40年前にはこんな感じでした。
 カラフルになって見やすくなりました。
 隔世の感ありですね~。

『小学生の漢字読み書き字典 カラー版』石井庄司監修

 

 

 さてさて、唐突ですが…
 手紙をもらって、あまりの字の汚さにがっかりしたことってないですか?
 また、ふだんはあまり気に留めない人が、とても立派な字を書いた時、何だか違って見えることって、あると思います。
 不思議なことに、文字の美しさで、人の印象が随分変わってしまいます。
「スーツを着ると2割り増し!」と同じですね。

 パソコンやスマホのキーボードに慣れてきた私たちは、手で文字を書く機会が激減しました。
 それによって、正しく書くことはもちろん、きれいに書くことも、どこかおろそかになりつつあります。
 デジタルデバイスが使えない状況では、やはり手で書くという最も基本的な技能が要求されます。
 先の震災でも、様々な場面で私たちは思い知らされたのではないでしょうか?

 そんな中、今回の改訂では、とりわけ「書くこと」を重視しました。

 

 漢字の読み書きを、特に集中して学習するのは、小学校6年間だと思います。
 ですがここで、もうちょっとだけ欲ばって、「文字のバランスの取り方」までも、意識の内に入れてみませんか?
 大人になってから、きっと得をすると思いますよ!

(K.M.編集部員)

あわせて読みたい