大人も知らない「ゴミの世界」を、現場の視点から楽しくやさしく大紹介。

『すごいゴミのはなし ゴミ清掃員、10年間やってみた。』書影

 ゴミ問題の啓発を行い、すでに10冊以上の書籍を発刊している、お笑いコンビ「マシンガンズ」の滝沢秀一さん。2020年には、環境省サステナビリティ広報大使にも任命されている。そんな滝沢さんの、およそ10年にわたるゴミ清掃員としての活動やメッセージを、若い読者向けにまとめた書籍が『すごいゴミのはなし ゴミ清掃員、10年間やってみた。』だ。
「環境問題」というと硬く思われがちなテーマだが、軽妙な一人称による語り口や、信じられないような現場エピソード、さらに豊富なコラムや4コマ漫画などによって、多くの小学生読者が楽しく読むことのできる一冊となっている。

 とても身近でありながら、捨てたその先にどのような世界が広がっているのか、大人でもなかなか知らない「ゴミの世界」。
 本書では「土の入った電子レンジ」などの謎のゴミの回収エピソードから、「ゴミがくさいのは水分をふくんでいるから」「日本の最終処分場の寿命はあと20年ほど」など、ゴミに関する雑学やその問題、そして想像することの大切さを知る事ができる。

あらすじ

 土のつまった電子レンジ、大量の人形やキノコ料理!?だれが、なぜすてたのか…ゴミの世界はおくぶかい。現役ゴミ清掃員でお笑い芸人でもある滝沢さんが、ゴミのエピソードや問題を小学生向けにやさしく楽しく紹介。関係のない人などいない「ゴミ」から地球の未来がみえてくる。

目次

はじめに ゴミには物語がある

第一章 ゴミ清掃員、はじめました。
 1.知られざるゴミ清掃員の日び
  ★マンガ ゴミ清掃員あるある劇場①
 2.ゴミ箱からその先、知ってる?
  ★ゴミ清掃員の現場から① ゴミ清掃車はかっこいい!
 3.ゴミはこんなにおくぶかい
  ★ゴミ清掃員の現場から② すてられていた気になるゴミずかん

第二章 ゴミが多すぎるっ!
 1.あと二十年でうめたて地がなくなる
  ★マンガ ゴミ清掃員あるある劇場②
 2.ゴミ処理には歴史とお金の重みがある
 3.三つのR
  ★ゴミ清掃員の現場から③ アップサイクルで大へんしん!

第三章 ゴミのミライ
 1.世界のゴミ事情
  ★ゴミ清掃の現場から④ まだある! 世界のゴミ問題
 2.食品ロスをなくせ!
  ★マンガ ゴミ清掃員あるある劇場③
 3.ゴミってなんだ?

どれに分ける? 分別クイズ

「目次」紙面

▲ふだん意識することのない、さまざまな視点から「ゴミの世界」を知ることができる。

おすすめポイント

①現役の「ゴミ清掃員」で「お笑い芸人」だからこそ、伝わる内容!

「ゴミ」の問題が、お笑い芸人ならではの視点から、ツッコミを入れるかのように語られている。その内容は、日常でゴミに接しているゴミ清掃員ならでは。二児の父でもある滝沢さんの語り口は、鋭くも温かく、わかりやすい。

「文体は読者に語りかけるような口語調」紙面

▲文体は読者に語りかけるような口語調。分かりやすい例えもまじえて書かれているので、内容が頭に入ってくる。また、大事な箇所は、太字で強調されているので読みやすい。

②コラムや4コマなど、読んでいてワクワクする工夫がたくさん。

 ビジュアルとして飽きさせないページづくりで、内容理解の助けに。

「ゴミ清掃員あるある劇場」紙面

▲4コマ漫画「ゴミ清掃員あるある劇場」を手掛けるのは、人気漫画家のスケラッコさん。

「ゴミ清掃車はかっこいい」紙面

「世界のゴミ事情」紙面

▲ゴミ清掃車の図解や、世界のゴミ事情を伝える写真など充実のコラム。写真やグラフ、イラストも多数収録している。

「ゴミこぼれ話」紙面

▲小ネタやトリビアを紹介する「ゴミこぼれ話」がページのはじに載っており、箸休めとして楽しめる。

ゴミ問題やSDGsを理解する入門書としても最適。

 地球規模の問題はなかなか実感がわきづらいもの。この本ではゴミをめぐる問題を一通り扱いながら、身近な体験や具体的な数字を通して、自然に自分事としてとらえられるようになっている。

「ニュースでも話題のテーマ」紙面

▲マイクロプラスチックや食品ロスなど、ニュースでも話題のテーマが、具体的に説明されている。

「本書のカバーや帯 表紙は古紙を含んだ紙を使用」画像

▲なお、本書のカバーや帯、表紙は、古紙を含んだ紙を使用。環境負荷の低いつくりにしており、この本の読書体験自体が環境問題を考えるひとつのきっかけにも。

<滝沢秀一 プロフィール>

「著者」画像

 1976年、東京都生まれ。1998年にお笑いコンビ「マシンガンズ」結成。2012年、お笑い芸人の仕事を続けながらゴミ収集会社に就職。その後、ゴミ清掃員の経験を活かして「ごみ研究家」としてテレビ出演や講演会、出張授業などを行い、多数の著書を出版。食品ロスを減らすための『えがお食堂』や、オンラインコミュニティ『滝沢ごみクラブ』も手掛ける。2020年、環境省により「サステナビリティ広報大使」に任命。
 著書に『このゴミは収集できません』(白夜書房)、『ゴミ清掃員の日常』(講談社)、『ごみ育 日本一楽しいごみ分別の本』(太田出版)など。

「マシンガンズ滝沢」Twitter

YouTubeチャンネル「たきざわゴミ研究所」

●出演番組
「あさイチ」(NHK)
「世界一受けたい授業」(日本テレビ)
「王様のブランチ」(TBS)
「じっくり聞いタロウ」(テレビ東京)
「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日)その他多数

●新聞
 読売新聞/朝日新聞/毎日新聞/東京新聞/共同通信/環境新聞
ほか

商品の紹介

『すごいゴミのはなし ゴミ清掃員、10年間やってみた。』書影

■書名:『すごいゴミのはなし ゴミ清掃員、10年間やってみた。』
■著:滝沢秀一
■発行:学研プラス
■発売日:2022年6月30日
■定価:1,430円(税込)

本書を購入する(Amazon)
本書を購入する(楽天ブックス)
本書を購入する(ショップ学研+)

【電子版】

本書を購入する(Kindle)
本書を購入する(楽天kobo)