元飼育係のあべ弘士さんが語る、旭山動物園のオオカミと「ロボ」の共通点とは

あべ弘士のシートン動物記①『オオカミ王ロボ』書影

あべ弘士のシートン動物記シリーズ

 シートン生誕160周年の今年に創刊された、あべ弘士さんによる、新しいシートン動物記のシリーズ。
 音読したときのリズムにこだわった文章で、すべてのページに挿絵が入っているので、読み聞かせや、お子さまのはじめてのシートン動物記にもぴったり。ふりがな付きのオールカラーです。

ふりがな付きのオールカラーの紙面

「ロボ」紙面

あべ弘士さんコメント

 作者のあべ弘士さんから、本書についてのコメントをいただきました。

あべ弘士さんからのコメント

 旭山動物園のジョンとリカの話をシートンに伝えたら、きっと喜んでわかってくれるだろうと、あべさんは言います。
 実は、共通点の多い、あべさんとシートン。
 旭山動物園で飼育係をしていたあべさんも、100年以上前にアメリカやカナダで動物学者として活躍したシートンも、オオカミの夫婦の生死を間近で経験しています。
 そしてお二人とも、作品のなかで、動物の生き方や命の厳しさを読者に伝えてきました。子どもも大人も関係なく、読者に長く読みつがれる作品を生み出す姿勢も同じです。
 100年以上の時を超えて、あべ弘士さんの文と絵によって新たによみがえったシートン動物記は、全国の書店で好評発売中です。 

YouTubeでも話題に!

 2020年7月3日に行われた、翻訳家で音楽家でマジシャンの大友剛さんと、あべさんとの初対談の配信の中で、『オオカミ王ロボ』が紹介されました。配信動画は大友剛さんのYouTubeチャンネルにて、閲覧可能です(2020年7月13日現在)。

◆子ども未来tube 絵本作家【あべ弘士】x【大友剛】初対談

 絵本作家のあべ弘士さんは、2020年5月に自身のYouTubeチャンネル「あべ弘士チャンネル」を開始。
 あべさんによるお絵描き教室「おえかきZOOタイム」や、アトリエでのインタビュー、理事を務める「ギャラリープルプル」でのギャラリートーク、絵本作家対談など、楽しいコンテンツが盛りだくさんです。
 今後のあべさんの、動画での活動にも注目です。

◆あべ弘士チャンネル【公式】

あべ弘士チャンネル【公式】

商品の紹介

あべ弘士のシートン動物記①『オオカミ王ロボ』書影
■書名:あべ弘士のシートン動物記①『オオカミ王ロボ』
■発行:学研プラス
■発売日:2020年7月2日
■定価:本体1,400円+税

本書を購入する