テレビで紹介され人気急上昇中の『5分で論理的思考力ドリル』。その人気のひみつは、手軽に”論理的思考力が身につく”問題が楽しめること。小学校低学年からパズル好きの大人まで幅広い読者の支持を集めています。

ソニーの研究所のエンジニアたちが生み出した新メソッド「5つの思考回路」

 本書の著者は、ソニー・グローバルエデュケーション。ソニーの研究所のエンジニアが中心となって設立された、ソニーグループの教育系事業会社です。算数を通じて、オンラインで世界の人と思考力を競う『世界算数』など、新しい時代の教育事業を数々展開しています。

 本書では、そのソニーのエンジニアたちが生み出した「5つの思考回路」を使って、問題を解いていきます。

▲「5つの思考回路」

「5つの思考回路」その① スキャン回路

「スキャン回路」とは”読み取る”ことで”問題の本質を見抜く”ことです。

「5つの思考回路」その② クリエイト回路

「クリエイト回路」とは、”ひらめく”ことで、”これまで思いつかなかった方法を思いつく”ことです。

「5つの思考回路」その③ リバース回路

「リバース回路」とは、”逆算”して”問題を解決する”ことです。

「5つの思考回路」その④ ノック回路

「ノック回路」とは、”あらゆる可能性をすべて洗いだす”ことです。

「5つの思考回路」その⑤ ステップ回路

「ステップ回路」とは”「こうすれば、こうなると」手順を組み立てる”ことです。

7人でジャンケンをしたら、伸びている指の合計が13本。グー、チョキ、パーはそれぞれ何人?

 本書に掲載されている問題のうち「クリエイト回路」から1問だけ紹介します。

▲問題ページ。グー、チョキ、パーはそれぞれ何人?

 問題の目標時間はどれも5分。5分でわからなかったら、次のページのヒントを見てみましょう。

▲ヒントページ。正解がわかりましたか?

 問題の答えは、ぜひ本書を手に取って確かめてください。

 

正解の見えにくい世界を生き抜くために。

 AIをはじめとするテクノロジーの日進月歩の発展。予測不能な世界情勢。そんな中を子供たちは、自分の力で考え、自分なりの正解を見つけていかなければなりません

 そうした未来に向けて、私たち大人が子供たちに伝えていくべきは何なのか。そのひとつは「考えることは楽しい」という実体験なのかもしれません。

 本書はお子さんだけでなく大人も楽しめる内容になっています。ぜひこの春、親子でこの「5分で論理的思考力ドリル」を楽しんでみませんか。

■書名:『5分で論理的思考力ドリル』
■著:ソニー・グローバルエデュケーション 
■発行:学研プラス
■定価:本体各1,000円+税

Amazonで購入する

楽天ブックスで購入する

ショップ学研+で購入する

電子書籍版(kindle)を購入する

こちらも人気! ”ちょっとやさしめ”バージョンもおすすめです。

■署名:『5分で論理的思考力 ちょっとやさしめ』
■著:ソニー・グローバルエデュケーション 
■発行:学研プラス
■定価:本体各1,000円+税

Amazonで購入する

楽天ブックスで購入する

ショップ学研+で購入する

電子書籍版(kindle)を購入する