★SAP CHANO『Yohjiを愛したサプール』発売記念イベント★

 平均月収3万円。アフリカ・キンシャサには一世を風靡したサプールより厳しい環境下にもうひとつのサプールがいた。彼らは内戦が止まない地域でヨウジヤマモトに身を包み、文字通り全財産を投じてファッションで自由を表現する。実態に迫る写真集。

 発売を記念して、HMV&BOOKS SHIBUYAにて、イベントが決定しました!

<開催概要>

■日時 2019年5月16日(木)  START 19:00
■会場 HMV&BOOKS SHIBUYA  6階イベントスペース
■出演者:
≫写真家:SAP CHANO
≫サプール:(モデル)・レオン
≫司会:編集長・関口
■イベント内容 トークショー&サイン会

<イベント注意点>

※サインはトークショーの後にSAP CHANOさんから行います
※サインは対象商品のみに行います。当日忘れずにお持ちください
※トークショーはクローズドで行う予定です。
※「トークショー&サイン会参加券」には規定数がございます。
※イベントの撮影・録画・録音は禁止致します。

対象商品

 

■書名:SAP CHANO『Yohjiを愛したサプール』
■撮影:SAP CHANO
■発行:学研プラス
■発売日:2019年4月25日
■定価:本体2,800円+税

本書を購入する

 

イベント参加方法

<店頭販売のみ>

※HMV&BOOKS SHIBUYA 6Fレジカウンターにて『Yohjiを愛したサプールを販売・イベント参加券を配券いたします。
※イベントへの参加は、HMV&BOOKS SHIBUYAの店頭で『Yohjiを愛したサプール』をご購入いただき、イベント参加券を受け取った方のみとさせていただきます。
※「イベント参加券」はHMV&BOOKS SHIBUYAにて、商品1冊ご購入につき1枚先着順でお渡しします。
※販売の混雑状況次第でお客様の購入上限を設けさせていただく場合がございます。
※イベント当日は必ず「イベント参加券」をお持ちください
※「イベント参加券」は数に限りがございます。
※お支払いは現金のみとさせていただき、Pontaポイント、金券、クーポン類、店舗キャンペーンは対象外となります。
※早朝からの待機は、近隣・他テナントのご迷惑になりますのでお控えください。
※待機列の形成は、状況により運営が判断・決定いたします。
※お客様同士による自発的な待機列、店舗・運営側の指示でない列は無効となりますので、予めご了承ください。

発券に関する注意事項

※『イベント参加券』に記載の時間と集合場所にお集まり下さい。
※イベント券にある番号はランダムになっております。
※本イベントではトークショーは整理番号を使用します。
※規定数に達し次第、『イベント参加券』の配布を締め切らせていただきますので、ご了承下さい。
※規定数に達するなどで配券が終了した際には当ホームページ、SNS等でお知らせいたします。配券状況の確認のための店舗へのお電話での問い合わせは固くお断りいたします。
※会場付近には事前にお待ちいただける場所がございませんので、『イベント参加券』に記載の集合時間の厳守にご協力ください。
※『イベント参加券』に記載の集合時間に遅れた場合は、天災や交通機関の不全等理由の如何を問わず、イベントへの参加をお断りさせて頂く場合も御座います。

その他

※『イベント参加券』の紛失・盗難・破損など、再発行はいかなる場合も一切いたしませんのでご注意ください。
※イベントはスタッフがお客様の肩や腕などに触れて誘導する場合がありますのでご了承下さい。
※会場ではスタッフの指示に従ってください。従っていただけない場合は、ご退場いただく場合やイベント自体を中止する場合がございます。
※イベント実施にあたって不適切とスタッフが判断したものを身に着けたり、持ち込むことは禁止とさせていただきます。
※会場内外で発生した事故・盗難等は、主催者・会場・出演者は一切責任を負いません。貴重品等は各自で管理してください。
※イベント内容や進行方法は予告なく変更になる場合がございます。
※会場までの交通費・宿泊費はお客様のご負担となります。また、万が一イベントの中止・延期の場合も交通費・宿泊費等はお客様の自己負担となります。
※イベント当日の公共交通機関の時間等に関しては、お客様ご自身でご確認いただきますようにお願いたします。
※『イベント参加券』の転売行為、コピー、偽造は固く禁止いたします。発覚した場合、イベントの参加自体をお断りいたします。
※上記の内容にご賛同いただけない場合はイベントにご参加いただけませんのでご理解、ご協力をお願いいたします。

【イベントに関するお問い合わせ】

HMV&BOOKS SHIBUYA TEL:03-5784-3270

写真集『Yohjiを愛したサプール』内容紹介

 原色のカラフルなサプールとは違う、もう一つのサプールをあなたは知っているか!? コンゴ民主共和国の首都・キンシャサのサプールたちに出会うと、そのほとんどがYohji Yamamotoを纏い、モノトーンを基調とした着こなしであることに驚く。

 サプールを被写体に撮影を続けて5年にもなる、フォトグラファーのSAP CHANOはその光景を目にして嬉々としてシャッターを切ったという。日本発のモードブランドが遠くアフリカの地で愛されていることには耳を疑うが、本書に収められた写真の数々からまぎれもない事実であることが分かる。

 彼らは一様にYohjiを愛し、栄光の制服を纏っているようだ。もはや、Yohji Yamamotoを崇拝していると言っても過言でない。この現象は、コンゴの国民的スターであった故・パパウェンバ氏によるところが大きいという。内戦状態にある国家の、拠りどころでもあったパパウェンバ氏がYohji Yamamotoをステージ衣装として用い続けたことから、国民たちは英雄の象徴、平和のシンボルのような意味合いも込めて、Yohjiを着るようになったという。

 本書はその熱狂を、サプールの素顔を切り取った日常、英雄・パパウェンバの葬儀、2019年パリコレに集結したパリのサプールと、あらゆる角度から切り取った写真集である。
初めて明かされる、新たなるサプールの姿を確認せよ。

あわせて読みたい