ライオンを倒したマサイの戦士が怖れる「5つの脅威」

 4月から進級する人、社会人になる人、または先日に成人式を迎えた人。現代日本で「一人前の大人」とはなかなか定義がややこしいのだが、世界にはとてもわかりやすい「一人前の基準」をもつ人たちがいる。

マサイ族だ。

 ケニア南部からタンザニア北部で暮らすマサイ族の男性は、基本的には「戦士」なのだが、そこで「一人前」と認められる条件は明確。

 ライオンを倒すこと。

 ケニアのアンボセリに住むマサイ族のルカ・サンテさんによれば、ライオンを倒したことで「真の戦士」と認められるそうだ。そのルカさんのライオンとの戦績は一勝無敗。……敗北は死を意味するので無敗で一安心。ともあれ、ルカさんの村には3勝した最強の戦士もいるという。

 そんなライオンより強い、地上最強といえるマサイ族だが……意外にも「怖いもの」がいくつかある。

 ここで、ロケットニュース24の「マサイ通信」や書籍「マサイのルカがスマホで井戸を掘る話」をもとに、ルカさんが明らかにしてきた「マサイの戦士が怖れるもの」を5つ、紹介しよう。

マサイ族が怖れるもの その1 野良ゾウ

 

 ライオンを倒せるマサイ族だが、実は草食動物のゾウのほうがもっと怖い。ライオンなら槍や刀で対抗できるが、暴れゾウが村に侵入すると手が付けられず、ひたすら家を破壊されてしまうのだそうだ。日本でも大型車の暴走事故にはヒヤっとさせられるが、ケニアのアンボセリにはガードレールなどない。ゾウの「圧」は大型車どころではないだろう。

マサイ族が怖れるもの その2 パケ死

 ケニアのアンボセリでも通信インフラが整いつつあり、ルカさんはスマートフォンを使って写真やメッセージを日本に送っている。それをロケットニュース24の編集長・GO羽鳥さんが受け取って「マサイ通信」にしているのだ。
 だが、大量の写真や動画を送ってしまうと、通信費もかさむ。ルカさんも何度か「パケ死」の恐怖を感じたらしい。それに充電するにも10キロ離れた町に出向き、ソーラー発電の設備を持っている人に頼むというから、スマホを普通に使うのも手間がかかる。

マサイ族が怖れるもの その3 不良役人

 遊牧民のマサイ族は基本的に自由に暮らしているのだが、「マサイ通信」ではなんと、ケニアの警察や役人と衝突もレポートされている。彼らが無法者というわけではない。「勝手に自分たちの暮らしている土地を売却されそうになる」事態には、マサイ族でなくても抵抗するだろう。自由に生きるマサイ族の生活にも、目に見えない土地の区分けや法律が影響している。彼らにとってそれらは、得体のしれない恐怖なのかもしれない。

マサイ族が怖れるもの その4 干ばつ

 ルカさんのレポートによれば、アンボセリは近年まれにみる干ばつが続いているという。猛暑のときはひたすらに木陰でやりすごし、外出を避けるしかない。そもそも飲み水がなければ、マサイ族も、家畜のヤギやウシたちも、死を待つことになる。
 もしも井戸が壊れたら……? 神に祈って雨を待つか、給水車に頼る生活になるのだ。ルカさんは明るくレポートしているが、日常からして命がけである。

マサイ族が怖れるもの その5 カネ、仕事

 いきなりせちがらい話なのだが、これが本当、本音。
遊牧民のマサイ族の仕事は、本来は家畜の世話や狩り、そして観光客のガイドや物産の販売だ。だが、干ばつや竜巻、野生動物と戦いながら大自然の中で生きることは、楽ではない。近代化が進む都市部に移住し、生きるために「就職という戦い方」を選ぶマサイ族も増えている。そのために自動車教習所に通い、クルマや重機の運転を学ぶこともあるのだ。

 マサイ族の闘う相手はライオンでなく、現実の社会になっているのだ。

 そしてルカさんは、ライターとして、スマートフォンを武器に闘っている。

 事実、ルカさんは原稿料を貯めて、壊れていた村の井戸を直した。
ライオンよりも怖ろしい「パケ死」を乗り越えて、「カネと仕事」を手にし、「干ばつ」を倒したのだ。

 ロケットニュース24の編集長・GO羽鳥さんをして「こやつ、なかなかセンスある……!」と言わしめたレポートスキルで、ルカさんは今日も、生のマサイ族ライフを綴っている。

 ウシをシメてその場で焼くマサイ式BBQ、広大なマサイ式トイレ、民族衣装とカジュアルを組み合わせた最新マサイ・ファッション、マサイの結婚生活、マサイの神様や幽霊、明日から使えるマー語(マサイ語)などなど……。

 ネット連載「マサイ通信」や書籍「マサイのルカがスマホで井戸を掘る話」で積み重ねられたレポートの先には、ルカさん自身の、マサイ族の今後の課題と夢も描かれている。

 人類史上初の、スマホで仕事して井戸を掘ったマサイ族、ルカ・サンテの伝説は、これからも続く。
 その手にスマホがあるかぎり……ということは、最後まで残る、最強の恐怖は「パケ死」なんだろうか?
 ルカさんなら、最強の敵をも乗りこえて、GO羽鳥さんと一緒に伝説を重ねていくだろう。この先も注目していきたい。


「マサイのルカがスマホで井戸を掘る話」
著者:ルカ・サンテ&GO羽鳥
発行所:学研プラス
発売日:2018年3月30日

本書を購入する

あわせて読みたい