ビビッと感じて、サクッと行動! (ビビサク)

佐藤 伝『行動習慣コンパス』セレクション

UPDATE 2020.07.27
公開日 2015.03.03

 この条項には、続きがあります。
「ビビッと感じて、サクッと行動!
 行動すれば、次の夢舞台」

 直感で「ビビッ」と感じたことは、いい結果を生み出します。
 その直感を信じて「サクッ」と行動できる人だけが、ハッピーになっていくんです。

 電話しようと思ったら、すぐに電話する。
 久しぶりの相手で、用事がなくてもいいのです。
「声が聞きたくなったんだ。最近どうしているの?」
 そう言うだけで、自分も相手もハッピーになります。
「ビビッ」ときた、そのときすぐに電話すればつながるのに、「またあとで」と思うから留守電になってしまうのです。
 もしも電話がつながらなかったら?
 それはご縁がなかったか、または伝える内容をよく整理して再度コールしたほうがいいよというメッセージなのです。

 思いついたこと、感じたことをすぐに行動に移してみると、どんどんいい結果が出てきます。

「ビビッ」と感じるということは、自分の感性のアンテナが
「宇宙のシナリオ(設計図)」に共鳴した証拠なのです。
 だから、その「ビビッ」を信じて、「サクッ」と行動してしまうのがいいのです。
「ちょっとやってみようかな」という直感を信じましょう。

 忙しい日が続くと、「時間がないから」「面倒くさいから」「この仕事を片付けてから」などと、つい理由をつけて、行動しないことが多くなります。
 しかし、「ビビッ」と感じたら、「サクッ」と行動してみる。
 すると、思いもよらないハッピーが展開するドミノの最初の1枚を倒したことになるのです。
「ビビサク」人間になれば、幸せと成功が加速します。
 行動すれば、必ず次の人生のステージが、あなたを待っています。

 

佐藤 伝 (さとう でん)

【習慣の専門家】行動習慣マイスター 1958年生まれ。福島県出身。明治大学卒。
都心にて創造学習研究所を30年間にわたって主宰。
NHK テレビ「おはよう日本」や雑誌「日経ビジネス アソシエ」でも、習慣のエキスパートとして紹介される。
氏の一貫したテーマは「習慣」であり、「習慣」に関する著作は、国内外で累計100 万部を突破している。 上場企業や教育機関での「行動習慣」についての講演は、わかりやすく具体的で、すぐ実践できるとその即効性が大好評。 問題解決9マス・ノートは、海外のメディアにも取り上げられ、ウィーン講演に続き、ニューヨーク・ミラノでも講演依頼が入るなど、その活躍のステージを広げている。 「なんとなくイイ気分」で生きることが最も大事と、独自の理論を展開。 そのスピリットを世界に伝えるため、自宅で学べる「行動習慣ナビゲーター認定講座(Dream Navigator?)」をスタートさせ、超・人気講座となっている。 親しみやすく謙虚な人柄から、「習慣といえば、伝ちゃん先生」と幅広い年齢層に慕われている。 国際ナイン・マトリックス協会会長

■佐藤 伝・公式サイト

http://satohden.com
■行動習慣ナビゲーター認定講座・公式サイト

http://kodoshukan.jp

 

作品紹介

あわせて読みたい