同じステージで「戦わない!」

佐藤 伝『人に好かれる35の魔法』セレクション

UPDATE 2020.07.27
公開日 2014.12.09

 突然ですが、クイズです!
 あなたが街道沿いでラーメン店を経営していて、その店は結構、繁盛していました。
 ところが、なんとあなたの店の両脇に2軒のラーメン店が開業しました。しかも、1軒は「日本一のラーメン」、もう1軒は「世界一のラーメン」という看板を掲げたではありませんか!
 このピンチに対応するために、あなたの店の看板も新しくすることにしました。
 さて、あなたは看板にどんな言葉を書きますか?

 私のセミナーでこのクイズを出すと、最も多いのが、「宇宙一のラーメン」という答え。「銀河一のラーメン」とか、あるいは、逆手を取って「いちばんまずいラーメン」なんていう答えも出ます。
 いずれにしろ、両脇の店と争う姿勢を取るものです。しかし、こうした反応をしていると、自分もツライし、周囲とはギスギスするようになります。
 そこで、発想の転換!

 最高の答えは、「入り口はこちら」。
「日本一のラーメンも、世界一のラーメンも、食べたかったら入り口はこちらです」と自分の店に誘い込んでしまう。
「見方」を変えて、こういう看板を出せると、お隣の人と同じステージで戦わなくてもいいので、人間関係がとてもラクになります。

 もう1つ、例をあげましょう。
 あなたの家の前に自転車の不法駐輪が絶えなくて、とても困っているとします。
 「駐輪厳禁」「自転車を止めるな!」などと、怒りのメッセージの張り紙をしても、みんなどこ吹く風で、あなたのイライラはますますつのるばかり……。

  そんなときは、こんなふうに書けばいいのです。

「不用な自転車、こちらにお捨てください」
「自転車捨て場」

 こういう掲示を出すことができたら、もう誰も止めなくなります。それでも止める人の自転車は、ありがたくリサイクル・ボランティアに回させてもらいましょう。

 イラッとする出来事があったときは、「見方」を変えてみる。
 戦うことなく、泣き寝入りすることなく、普通とはちょっと違った、ユーモアやウィットに富んだ主張ができると、いい「ご縁」がつくっていけるものです。
「視点」と「発想」を変える心の余裕が大事です!

 

佐藤 伝 (さとう でん)

【習慣の専門家】行動習慣マイスター 1958年生まれ。福島県出身。明治大学卒。
都心にて創造学習研究所を30年間にわたって主宰。
NHK テレビ「おはよう日本」や雑誌「日経ビジネス アソシエ」でも、習慣のエキスパートとして紹介される。
氏の一貫したテーマは「習慣」であり、「習慣」に関する著作は、国内外で累計100 万部を突破している。 上場企業や教育機関での「行動習慣」についての講演は、わかりやすく具体的で、すぐ実践できるとその即効性が大好評。 問題解決9マス・ノートは、海外のメディアにも取り上げられ、ウィーン講演に続き、ニューヨーク・ミラノでも講演依頼が入るなど、その活躍のステージを広げている。 「なんとなくイイ気分」で生きることが最も大事と、独自の理論を展開。 そのスピリットを世界に伝えるため、自宅で学べる「行動習慣ナビゲーター認定講座(Dream Navigator?)」をスタートさせ、超・人気講座となっている。 親しみやすく謙虚な人柄から、「習慣といえば、伝ちゃん先生」と幅広い年齢層に慕われている。 国際ナイン・マトリックス協会会長

■佐藤 伝・公式サイト

http://satohden.com
■行動習慣ナビゲーター認定講座・公式サイト

http://kodoshukan.jp

 

作品紹介

人に好かれる35の魔法
幸せにみるみる成功する人の小さな習慣

【習慣の専門家】として人気の佐藤 伝氏が、実行すると、人に好かれ、人間関係がみるみるよくなる魔法の習慣35を紹介する。
定価:本体1,200円+税/学研プラス

バックナンバー

  • 関連コンテンツ

あわせて読みたい