「年齢×1000円」を入れておく

佐藤 伝『財布の習慣』セレクション

UPDATE 2020.07.27
公開日 2014.11.11

 あなたのお財布には、今いくら入っていますか?
 普段、お財布に入れておくべき金額の目安は、「年齢×1000円」と言われています。
 30歳の人は3万円、35歳の人は3万5000円、44歳の人は4万4000円というように、やっぱりその年齢に応じた中身があるのです。
 中学生の財布の中身と、大人の財布の中身が同じでいいはずがありません。
 
 20歳の人が「けっこう入っているな」と感じる金額と、40歳の人が「けっこう入っているな」と感じる金額は違います。
「年齢×1000円」くらいは入っていないと、「なんだか、いつもお財布の中身が足りないなあ……」というイメージを持つようになってしまうのです。

 金運をアップするには、「不足感」「欠乏感」ではなく、「満ち足りている」という「富裕感」「満足感」を、常に抱いていることが大事です。
 お財布を開けたときにスッカラカンだと、心の中を北風がピュ〜ッと吹き抜ける感じがして、「不足感」「欠乏感」を常に抱えてしまいます。
 そういうマインドのときは、みんなで分け合うべきなのに独り占めしたり、人に意地悪してみたり……。「2つ買うとおトク!」という商品があったら、2つもいらないのに買ってしまって、結局ソンをしたりするのです。

 財布が軽くなれば、心が重くなり、財布が重くなれば、心が軽くなるもの。

 お財布を開けたときに、ホッとする金額をいつも入れておきましょう。

 

佐藤 伝 (さとう でん)

【習慣の専門家】行動習慣マイスター 1958年生まれ。福島県出身。明治大学卒。
都心にて創造学習研究所を30年間にわたって主宰。
NHK テレビ「おはよう日本」や雑誌「日経ビジネス アソシエ」でも、習慣のエキスパートとして紹介される。
氏の一貫したテーマは「習慣」であり、「習慣」に関する著作は、国内外で累計100 万部を突破している。 上場企業や教育機関での「行動習慣」についての講演は、わかりやすく具体的で、すぐ実践できるとその即効性が大好評。 問題解決9マス・ノートは、海外のメディアにも取り上げられ、ウィーン講演に続き、ニューヨーク・ミラノでも講演依頼が入るなど、その活躍のステージを広げている。 「なんとなくイイ気分」で生きることが最も大事と、独自の理論を展開。 そのスピリットを世界に伝えるため、自宅で学べる「行動習慣ナビゲーター認定講座(Dream Navigator?)」をスタートさせ、超・人気講座となっている。 親しみやすく謙虚な人柄から、「習慣といえば、伝ちゃん先生」と幅広い年齢層に慕われている。 国際ナイン・マトリックス協会会長

■佐藤 伝・公式サイト

http://satohden.com
■行動習慣ナビゲーター認定講座・公式サイト

http://kodoshukan.jp

 

作品紹介

行動習慣コンパス(DVD付き)
一瞬で、金運がアップする!財布の習慣

らくらくお金に愛される人の49の魔法

実行すると、一瞬で金運がアップして、人生が変わる! 幸せにらくらく成功する人の「財布」と「お金」の黄金習慣49を紹介する。
定価:本体1,200円+税/学研プラス

バックナンバー

関連コンテンツ

あわせて読みたい