メタル工作シリーズに『鳳凰〜Oriental Phoenix〜』が新登場!

 

 メタル工作シリーズは金属フィギュアが作れる工作キットです。メタルレジェンド『鳳凰』の発売で、シリーズ累計発行数110万部を超え、全28アイテムとなり、お子さまから大人まで幅広い層に支持されています。

 2019年は、平成から令和に変わった改元の年。鳳凰は、「令和」の意味に込められた「世の中を平和にさせる」ということの象徴となるような伝説の生き物です。皇室の儀式・行事などが行われる際や、鳳凰が図柄となっている「天皇陛下御即位記念貨幣」の発行など、話題になることも多いでしょう。

主要部品はすべて金属!

 メタルレジェンド『鳳凰』は中国や日本各地の伝説をモチーフに作られています。

 主要部品は薄いアルミの板です。アルミ板を手で曲げたり、ボルトとナットで固定したりすることで、立体的なフィギュアが組み上がっていきます。画一的なものが完成するプラスチックモデルとは違い、臨場感あふれる作品や、作り手の個性が出せる作品など、オリジナルの金属フィギュアが完成します。工具とサンドペーパーが付属しているので、すぐに作り始めることができます。

 目玉ビーズが赤くキラキラと輝き、尾羽が優雅に広がる鳳凰が完成します。また、2通りの飾り方ができるスタンドが付属されています。

全長約27cm! 口や首、あし、尾などが動かせ、尾羽が自在に曲げられます

 ソフトアルミの首や尾羽などは容易に曲げることができます。首を上げたり下げたり、口を開閉させたり、尾羽を広げたり曲げたりなど、さまざまな可動部分があります。また、ボルトで留める関節にあたる足首部分なども、ボルトをゆるめて動かすことができます。そのため、アイデア次第でさまざまな状況を再現して飾ることができます。

 

【YouTube】

鳳凰のことにくわしくなれるガイドブック付き

 ガイドブックは、オールカラー24ページ。中国や日本の伝説や鳳凰図鑑など、鳳凰にくわしくなれるさまざまな情報を掲載しています。また、金属フィギュアの作り方は、段階ごとにわかりやすく説明しています。作るのに要する時間は、大人で約2時間。鳳凰の伝説にじっくりと浸って楽しみながら作れます。

鳳凰伝説① 吉兆として現れる鳳凰

 古代中国では、鳳凰は世をうまく治める聖天子が現れると天上から飛来し、戦いが起きて世が乱れると天上へ戻ると考えられていました。そのため、中国の皇帝たちにとっては、あこがれの鳥でした。そして、いつしか鳳凰は「幸せや喜びをもたらす縁起の良い鳥」といわれるようになったのです。

鳳凰伝説② 日本に伝わった鳳凰

 日本には、およそ1300年前の飛鳥時代に伝わったとされています。その後、寺院や神社などの飾りや彫刻、絵などに描かれました。平等院鳳凰堂や金閣(鹿苑寺)、銀閣(慈照寺)の屋根にある鳳凰の棟飾りが有名です。ガイドブックには、平等院鳳凰堂の棟飾りの写真を掲載しています。

鳳凰伝説③ 身近な所で親しまれる鳳凰

 鳳凰は今でも、平和のシンボルとして、または縁起物として、私たちの生活のさまざまな場面で親しまれています。
1万円札裏面、代表的な賞状用紙の絵柄、黒留袖などの着物、切手、お祭りやお神輿…などがあります。身近なところで鳳凰を探してみてください。

商品の紹介


■書名:メタルレジェンド『鳳凰 増補改訂版』
■編:学研STEAM事業室
■発行:学研プラス
■発売日:2019年6月13日
■価格:本体2,400円+税

本書を購入する

 

メタル工作シリーズのご紹介

 シリーズは全28アイテム。全国書店などで展示されています。

 

あわせて読みたい