あの危険生物が主役!? わくわく冒険物語!

『すすめ! きけんせいぶつ スカンピーのドラゴンたいじ!?』

2014.12.22

 スカンク、タランチュラ、サソリ、コモドドラゴン、コブラ…

 いま子どもたちに危険生物が大人気。 テレビの特集や図鑑も話題に!

 そこで……

 危険生物が主人公の楽しいお話が、できました!!

『すすめ! きけんせいぶつ スカンピーのドラゴンたいじ!?』
は、危険生物のスカンピー(スカンク)、タランタラン(タランチュラ)、サソリーナ(サソリ)が、さらわれたスーネ王子(キングコブラ)を助けるため立ち上がるストーリー。自分の身を守るを武器に、さまざまな困難に立ち向かいます。

 実はこのお話、雑誌でリサーチしたり、イラスト人気投票などを経てできあがった、スペシャルな一冊! 雑誌の読者に何か月にもわたって意見を聞きながら、学研の児童書のノウハウを最大限に生かしたストーリーが完成したんです。

 

 危険生物の王国の住人は、もちろんみんな危険生物!!

 

 マンガみたいにすいすい読めちゃうのも、小学校低学年にはうれしい!

 

 さらに、巻末には、登場キャラクターのリアル危険生物情報もあります。

 

 本がにがてだな……と思っているお子さんでも、どんどんページがめくりたくなる冒険のお話なので、この一冊で、本好きになることまちがいなし!! 続刊もただいま準備中!

 クリスマスや年末年始のおくりものにもぴったりです!

あわせて読みたい